セクション

野生動物研究センターに熊本サンクチュアリを設置しました。(2011年8月1日)

 本学は、8月1日付けで株式会社三和化学研究所より、同社の研究施設である「チンパンジー・サンクチュアリ・宇土」(熊本県宇城市)の土地、建物のほかチンパンジーの寄附を受け、「熊本サンクチュアリ」と改称し、野生動物研究センターに設置しました。

 これに先立ち、7月31日に移管式典を挙行し、山本一雄 三和化学研究所代表取締役社長より、チンパンジー・サンクチュアリ・宇土での研究の歴史や同施設での今後の研究への期待について挨拶がありました。次いで、伊谷原一 野生動物研究センター長へ施設の鍵が渡されました。伊谷センター長は、同施設の寄附について謝辞を述べ、野生動物研究センターがより高度な学際的研究を進めていく機関として機能するために同施設を有効に活用できることは大きな喜びであると挨拶しました。

 また、「熊本サンクチュアリ」の看板の上掲が行われ、三和化学研究所および本学関係者らが立会い、設置を祝いました。

 熊本サンクチュアリは、引き続き三和化学研究所から寄附を受け、福祉長寿研究部門として飼育下チンパンジーおよびヒトの福祉と長寿についての研究、特に環境エンリッチメント(動物福祉の立場から飼育動物の幸福な暮らしを実現するための具体的な方策)、認知能力、加齢についての応用研究を継続していくとともに、将来に向けた複数の国内飼育拠点作りを推進することを目的とし、それらを通じてさらに研究を発展させていく予定です。


施設の引き渡しをする、山本代表取締役社長(左)と伊谷センター長(右)

施設の看板を上掲する、松沢哲郎 霊長類研究所長(左)と伊谷センター長(右)
Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context