セクション

サウジアラビア・リヤドで「International Exhibition and conference on Higher Education 第2回国際高等教育フェア(IECHE2011)」および第2回サウジアラビア-日本・大学学長会議が開催されました。(2011年4月19日~22日)


京都大学ブースにてアバーヤを着用し
応対する研究国際部職員

 International Exhibition and conference on Higher Education 第2回国際高等教育フェア(IECHE2011)が、サウジアラビア王国高等教育省主催で、サウジアラビアの首都リヤドにおいて開催されました。開会式では、厳重な警戒のもとサウジアラビア王国・ハーレド・アルアンカリー大臣が臨席されました。本学からは、大西理事・副学長、研究国際部職員2名が参加しました。

 今回のフェアは、世界各国を代表する大学が参加し、アメリカ合衆国54校、英国64校、フランス14校、中国34校、韓国14校、日本からは京都大学、東京大学、大阪大学、東北大学、名古屋大学など19校が参加し、全体の参加数は400校を超えました。

 またリヤドで第2回サウジアラビア-日本・大学学長会議が開催されました。この会議は昨年東京で初めて開催され、文部科学省とサウジアラビア王国高等教育省との間に教育・科学分野における覚書の締結が交わされたものです。今回の会議では日本からの会議招待に対して、大西理事・副学長がスピーチをしました。大西理事・副学長は、世界中からの支援に深い謝意を示すとともに、今後の日本とサウジアラビアの教育・研究のさらなる発展に、京都大学も協力していくことを伝えました。

 IECHE2011会場において、大西理事・副学長は講演会への出席のほか、2日間にわたり、サウジアラビアのキングファハド大学、キングファイサル大学、アルハルジュ大学との個別面談を行い、今後の具体的な大学間の学術協力体制等、研究分野について詳細な打ち合わせをしました。また、京都大学のブースにおいても、沢山の学生からの質問に、ひとつひとつ丁寧に答え交流を深めました。


サウジアラビア大使館スーパーバイザー Dr.El-Moamen Abdalla(中央)と大西理事・副学長(右)

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context