セクション

経済学者 河上肇が講義した時の学生ノートが見つかりました。(2010年8月6日)

 大正期の評論「貧乏物語」で知られる経済学者 河上肇(1879~1946年)が本学でマルクス経済学を講義した時の学生ノートが相次いで見つかり、経済学研究科の「河上肇文庫」に寄贈されました。

 見つかったのは、いずれもマルクスの「資本論」を解説した「経済原論」の講義ノートで、どちらのノートとも講義を再現できるほど詳細に記述されています。

 1件は酒井英示さん、もう1件は松浦義人さん(いずれも故人)が取られたノートで、ご家族から寄贈いただきました。

 2人は、1928年に経済学部を卒業した同級生で、ノートの中身が酷似していることから、当時(1925年度授業)、300~400人が入る大教室で河上の「経済原論」の講義を一緒に受けていたものと思われます。

 酒井さんのノートは、インターネット上で公開する予定です。

 なお、この2つのノートが発見されたことについては、「朝日新聞」(5月15日朝刊、8月4日朝刊)で詳しく報じられました。


酒井さんのノート(1)

酒井さんのノート(2)

松浦さんのノート(1)

松浦さんのノート(2)
Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context