セクション

医学部附属病院「積貞棟」竣工記念式典を挙行しました。(2010年5月18日)

 医学部附属病院では、がん治療の拠点となる新病棟「積貞棟」(せきていとう)の完成を記念して、竣工記念式典を挙行しました。学内外から約170名が出席し、盛大に新病棟「積貞棟」のオープンを祝いました。

 今回完成した「積貞棟」は、任天堂株式会社 山内溥 相談役より、築後30年以上が経過した病棟を抱える同院の現状に「京大病院にふさわしい病棟を建ててほしい」との意向からご寄附をいただき、建設されました。

 記念式典は、山内相談役をはじめ玉上晃 文部科学省高等教育局医学教育課大学病院支援室長、山田啓二 京都府知事、門川大作 京都市長、松本紘 総長、光山正雄 医学研究科長、中村孝志 医学部附属病院長によるテープカットで始まり、その後、施設見学を行いました。参加者は、8階の特別病室、国立大学病院で初めて、急速冷却・加熱で病院食の衛生管理を徹底する「クックチルシステム」、外来化学療法ゾーンやがん情報コーナーなどを熱心に見学されました。

 引き続き、百周年時計台記念館で竣工記念式典を挙行し、はじめに、中村病院長からご寄附をいただいた山内相談役への感謝の言葉を述べるとともに、「新棟をがん治療の拠点としてがん克服をめざした新しい治療法の実践の場とし、がん治療に関わる医師・コメディカルの人材育成を目指します。」と式辞がありました。次に、松本総長が「社会貢献、研究、教育に関係する病院の役割は大きい。新しいがんとの戦い、治療に向けて頑張ってもらいたい。」と挨拶をしました。引き続き、新木一弘 文部科学省高等教育局医学教育課長 玉上晃 大学病院支援室長代読、山田京都府知事 浅田良純 京都府健康福祉部長代読、門川京都市長、森洋一 京都府医師会会長から期待が込められた祝辞をいただきました。

 その後行った記念講演会では、本学OBでキャスターの鳥越俊太郎氏による「がんと向き合って」と題した自身の体験談を交えた講演が、約400名の聴衆のなか行われました。

 また、記念講演会後に祝賀会を開催し、出席者は、今後の医療発展や新棟が担う地域医療について語り合いました。


積貞棟外観

左から光山医学研究科長、中村病院長、松本総長、山内任天堂株式会社相談役、 玉上文部科学省大学病院支援室長、山田京都府知事、門川京都市長

左から中村病院長、松本総長、鳥越氏

 松本紘総長の挨拶

 

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context