セクション

京都大学シンポジウムシリーズ 「大震災後を考える」シリーズXIV 「災害と情報学」(第13回情報学シンポジウム)

 情報学研究科では、最先端の情報学の話題を皆様にお届けしています。本年度は、京都大学シンポジウムシリーズ「大震災後を考える」XIVとして、災害と情報学の関わりを考えます。 本年度の情報学シンポジウムは「ICTイノベーション2012」と同時開催します。

日時

平成24年2月17日(金曜日) 13時00分~17時10分

場所

京都大学百周年時計台記念館百周年記念ホール

申し込み方法

シンポジウム・懇親会はホームページ「京都大学ICTイノベーション2012」の「参加申し込みフォーム」からお申し込みください。
http://ict-nw.i.kyoto-u.ac.jp/ict-innovation/2012/entry_form.php

参加料

無料(ただし、懇親会は有料)

プログラム

13時00分~13時10分 開会の辞 中村 佳正(情報学研究科 数理工学専攻/研究科長)
13時10分~14時30分 第一部
クライシスにおける情報
(1) Google Crisis Response
賀沢 秀人(グーグル株式会社)
(2)東日本大震災におけるITSの取り組み~通行実績・道路規制情報~
八木 浩一(特定非営利活動法人 ITS Japan)
14時30分~14時45分 休憩 
14時45分~16時05分 第二部
情報の共助をめざして
(1)Join & Shareで創る"情報による自助・共助減災学"
中神 武志(株式会社ウェザーニューズ)
(2)東日本大震災の災害報道を振り返る~社会的なリアリティの構築をめぐって~
近藤 誠司(NHK大阪放送局(報道部))
16時05分~16時15分 休憩 
16時15分~17時00分 第三部 パネルディスカッション 災害情報の新しいかたち
17時00分~17時10分 閉会の辞 吉川 正俊(情報学研究科 社会情報学専攻/情報学シンポジウム実行委員長)
17時30分~ 懇親会 

問い合わせ先

京都大学情報学研究科 社会情報学専攻 馬
TEL: 075-753-5885
E-mail: symposium2012*i.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

参考ホームページ

http://www.i.kyoto-u.ac.jp/Symposium/2012/index.html

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context