セクション

京都・大学ミュージアム連携 シンポジウム「いま、大学ミュージアムに求められるもの」

 京都は「大学のまち」といわれるほどに、数多くの大学が市の内外にあります。その多くは、美術館、博物館、資料館といった施設(ミュージアム)をもち、そして、その施設では、教材や研究資料として蓄積されてきたさまざまな美術品、歴史資料など、つまり、文化遺産の数々を収蔵し、その収蔵品を展覧会というかたちで公開しています。しかし、大学におけるこれらの活動は、あまり知られていないかもしれません。

 このたび、京都市内外にある13大学14のミュージアムが連携して、「京都・大学ミュージアム連携」を立ち上げました。この「京都・大学ミュージアム連携」は、2011年度文化庁助成「文化遺産を活かした観光振興・地域活性化事業」に採択された「京都のミュージアム活性化プロジェクト」の一環として設置されたもので、各大学ミュージアムが収蔵する資料を、より有効に活用し、より多くの方に知っていただくために、共同してさまざまな事業を行ってゆきます。

 その最初の事業として、2012年2月11日シンポジウムを開催して、京都の大学ミュージアムが手を取りあったとき、教育や研究、さらには京都のまちの活性化にどのような成果・効果をあげることができるかを考えてみたいと思います。これからは、大学ミュージアムの活動も閉じたものではなく、社会に対して開かれたものであるべきです。開かれた大学ミュージアムが、社会にとってどのような役割を果たすことができるのか、このシンポジウムではその可能性を探ってみたいと思います。

京都・大学ミュージアム連携 実行委員会 委員長
並木誠士

日時

2012年2月11日(土曜日・祝日) 13時00分~17時00分(12時30分開場)

場所

京都工芸繊維大学センターホール
http://www.kit.ac.jp/02/matugasaki.html

プログラム

12時30分 開場
13時00分~13時15分 プロジェクトの趣旨説明
13時15分~14時00分 基調講演「いま、大学ミュージアムに求められるもの」
  建畠晢(京都市立芸術大学学長)
14時15分~15時15分 パネリスト発表
「地域美術館の新たな可能性と、<発見する>鑑賞力の薦め」
  尾崎眞人(京都市美術館学芸課長)
 「メディア側から見た大学の美術館」
  太田垣實(美術評論家・大阪成蹊大学芸術学部教授)
 「京都観光とミュージアム」
  山村純也(株式会社らくたび代表取締役)
「大学ミュージアム連携の可能性」
  並木誠士(京都・大学ミュージアム連携実行委員会委員長、京都工芸繊維大学美術工芸資料館館長)
15時30分~17時00分 ディスカッション

※当日は、各大学ミュージアムを紹介するブースを設けます。

参加費

無料

申し込み

不要(先着700名)

問い合わせ先

京都大学総合博物館
〒606-8501 京都市左京区吉田本町
TEL: 075-753-3272、FAX: 075-753-3277

企画

京都・大学ミュージアム連携実行委員会
(以下、構成機関)
大谷大学博物館
京都教育大学教育資料館まなびの森ミュージアム
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
京都嵯峨芸術大学附属博物館
京都市立芸術大学芸術資料館
京都精華大学ギャラリーフロール
京都造形芸術大学芸術館
京都大学総合博物館
同志社大学歴史資料館
花園大学歴史博物館
佛教大学宗教文化ミュージアム
立命館大学国際平和ミュージアム
立命館大学アート・リサーチセンター
龍谷大学龍谷ミュージアム

共催

京都工芸繊維大学

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context