セクション

スーパーコンピュータと科学の進歩に関する一般公開講座

 この一般公開講座は、一般社団法人物理探査学会が、文部科学省、特例社団法人東京地学協会、公益財団法人京都大学教育研究振興財団の援助、そして本学のほか、国内外の26学会との共催・後援・協賛などにより、一般に向け開催する公開講座です。皆さまのご参加をお待ちしています。

日時

平成23年11月21日(月曜日)15時00分~18時00分

場所

百周年時計台記念館 百周年記念ホール(定員500名)

一般公開講座タイトル

スーパーコンピュータ技術と科学のフロンティア

参加費

無料

講座タイトル(講師(敬称略))および講演内容の説明

1.137億年の宇宙の進化(東京大学 数物連携宇宙研究機構・吉田直紀)

2年前のNHKスペシャルで放映された宇宙の起源に関する番組で有名な先生です。ビッグバンの後暗黒となった宇宙に初めて輝き始めたファーストスター誕生までの宇宙の進化を数値シミュレーションで解き明かした、若手のホープです。

2.気候変動に対する雲の影響(海洋研究開発機構 地球シミュレーターセンター・大淵済)

気候変動の研究には、太陽の影響を無視することができないと考えられています。大淵済(おおふちわたる)博士は、可能な限り現実の現象を取り込める数値シミュレーションにより1980年以降の気候変動の原因に太陽がどのように関わるかを確かめました。その結果、1980年以降については、11年という太陽活動周期や宇宙線の影響よりも、低層の雲が気候変動に影響した可能性が高いことを確認しました。

3.沿岸都市の熱環境に関する高解像数値シミュレーション(海洋研究開発機構 地球シミュレーターセンター・馬場雄也)

都市部の平均気温は年々上昇しています。この気温上昇は、主として土地利用、建築物種類などの都市化の進行によって引き起こされています。馬場雄也博士は、東京京橋、川崎などの臨海都市域をモデルとして数値シミュレーションを行いました。その結果、都市部の熱環境に及ぼす都市構成要素の影響が明らかとなり、現実的な都市計画に役立つと思われる知見を得ることができました。なお、博士は昨年9月にテレビ朝日の番組「奇跡の地球物語,異常気象~スーパーコンピュータで挑む」に出演されています。

4.東日本大震災と津波シミュレーション(東京大学 地震研究所・佐竹健治)

3月11日に東北地方の沖合で発生したM9の巨大地震によって津波が発生し、約30分後岩手県三陸海岸に、約1時間後宮城県仙台地方沿岸に10m以上の高さで襲い、約2万人の方が犠牲になりました。津波シミュレーション自体の精度は高いものの、津波警報や防災にどう十分活用するかを模索している現状を説明します。博士は、世界でも有名な津波研究家であり、多数のテレビ番組に出演されています。

申し込み

事前申込は、(1)住所の市区名(統計処理のため)、(2)氏名・ふりがな(当日の受付確認のため)、(3)年齢(統計処理のため)、(4) 参加証をご送付するためのファックス番号を明記のうえ、以下のホームページにてお申し込みください。事前参加申し込みは11月15日まで、当日は定員に達するまで受け付けますが、満席となった場合は入場をお断りさせていただくことがありますので、ご容赦くださいますようお願いします。

問い合わせ

京都大学大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 資源工学講座 応用地球物理学分野
TEL:075-383-3196
E-mail:toiawase*tansa.kumst.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

主催

一般社団法人物理探査学会

援助

文部科学省、特例社団法人東京地学協会、公益財団法人京都大学教育研究振興財団

共催

京都大学、韓国物理探査学会、豪州物理探査学会、米国物理探査学会、欧州物理探査協会、米国環境地球物理工学会、ベトナム地球物理理学協会、石油地球物理学会、米国地球物理学連合、アジア・オセアニア地球科学会

後援・協賛

東京地学協会、日本リモートセンシング学会、日本地震工学会、日本材料学会、日本火山学会、地盤工学会、日本地層評価学会、日本地熱学会、岩の力学連合会、土木学会、資源・素材学会、石油技術協会、日本地震学会、日本応用地質学会、計測自動制御学会、日本地球惑星科学連合、IEEE Geoscience and Remote Sensing Society日本支部

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context