セクション

人文研アカデミー 連続セミナー「生命・差異・表象」

※ポスターを追加しました。(2011年6月9日)

  人びとの差異は視覚的に、非視覚的に、あるいは科学的に表象され、特定の制度や権力と結びつくことで、私たちの生命のあり方を規定してきました。本連続セミナーでは、文化人類学、政治学、生命倫理、近代医学思想史、映画研究を専門とする講演者が、それぞれのアプローチで、人間の差異がいかにリアリティをもって表象され、実体化され、自然化されるのか、そのメカニズムに焦点を当てます。

場所

人文科学研究所本館1階 セミナー室1

日時

2011年6月16日、6月23日、6月30日、7月7日、7月21日(各木曜日) 18時30分~20時00分

プログラム

講演日 講演者および演題
6月16日 竹沢泰子 人文科学研究所 教授
アメリカ優生学と差異の表象-移民・人種・階級
6月23日 日下渉 人文科学研究所 助教
境界線を侵食する「親密な共同性」-在日フィリピン人の表象と生活世界
6月30日 加藤和人 人文科学研究所 准教授
ヒトゲノム研究と人種・エスニシティ概念
7月7日 田中祐理子 人文科学研究所 助教
医学史における〈反対物の一致〉-表象と想像力を考える
7月21日 菅野優香 人文科学研究所 研究員
未来の生/性を映画的に想像する

申し込み

聴講無料、予約不要

問い合わせ

人文科学研究所総務掛
Tel: 075-753-6902
E-mail: z-academy*zinbun.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

その他

このセミナーの一部は、研究科横断型教育プログラム(Bタイプ)の一環でもあります。

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context