セクション

第180回 アフリカ地域研究会

日時

2011年6月16日(木曜日)15時00分~17時00分

場所

京都大学稲盛財団記念館3階中会議室(京都市左京区吉田下阿達町46)
/ja/access/campus/map6r_b.htm

発表者

福西 隆弘(アジア経済研究所)

題目

「グローバル化経済におけるアフリカ企業の変化」

詳細

貿易自由化が実施されてから、アフリカ諸国の経済ではグローバル化が急速に進んできた。それはまず輸入品、特に工業化に成功したアジアからの工業製品輸入の急激な増加として表れたが、近年では、アフリカ諸国に対する外国直接投資やアフリカから欧米市場への輸出も増えている。持続的な経済成長の原動力として、アフリカでも工業部門への期待が高まっているが、果たして成果が現れているのだろうか。本発表では、アフリカからの輸出が増加してきた縫製産業を対象に、ケニアとマダガスカルにおける企業の能力の変化について、アジアの低所得国の企業との比較を通じて検討を行う。

受講料

無料

申し込み

不要

連絡先

京都大学アフリカ地域研究資料センター
TEL: 075-753-7803、FAX: 075-753-7831
E-mail:caas*jambo.africa.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

予告

平成23年度前期 京都大学アフリカ地域研究資料センター アフリカ地域研究会(第181~183回)

  • 第181回 2011年7月21日(木曜日)15時00分~17時00分
    講師:荒木 茂(京都大学アフリカ地域研究資料センター)
    題目:「サイエンスと地域研究の狭間で-実践的地域研究の試み」
  • 第182回 2011年9月29日(木曜日)15時00分~17時00分
    講師:白鳥 清志(JICA専門家)
    題目:「参加型研究アプローチはエチオピアに根付くか?:技術協力の現場から見たエチオピアの農業研究と農民の暮らし」
  • 第183回 2011年10月20日(木曜日)15時00分~17時00分
    ※発表言語:英語、通訳なし
    講師:ゲブレ・インティソ(Gebre Yntiso)(アジスアベバ大学社会科学部人類学社会学科)
    題目:「オモ川渓谷下流域における牧畜民紛争の複雑性と感受性(The Complexity and Sensitivity of Pastoral Conflict in Lower Omo Valley)」

【場所】
京都大学稲盛財団記念館3階中会議室(京都市左京区吉田下阿達町46)
/ja/access/campus/map6r_b.htm
(注)第182回(9月29日)のみ同建物内、大会議室にて開催。