セクション

公開シンポジウム「クラウド化する未来社会」 ~所有から利用へ~

※ ポスターを追加しました。(2010年10月14日)

 サービスコンピューティングやクラウドコンピューティングは、研究対象としてだけではなく、実社会においてもビジネスに影響する大きな変化と捉えられています。これまで情報通信に関する資源を利用者が「所有」することを前提に設計されてきましたが、サービスとして「利用」に力点を置いたモデルへの移行が始まっています。

 そこで、京都大学情報学研究科と情報システムに経験を持つ野村総合研究所とが共同で、「所有から利用」をテーマに公開シンポジウムを開催し、併せて、大学院における研究と教育に関する産学連携について議論を深めます。

日時

2010年11月5日(金曜日) 13時30分~17時30分

場所

京都大学百周年時計台記念館 百周年記念ホール

プログラム

総合司会: 横澤 誠(野村総合研究所、京都大学情報学研究科 客員教授)

13時30分~13時40分 開会のご挨拶
中村 佳正(京都大学情報学研究科長)
13時40分~14時20分 講演1 クラウド化の本質 ~所有から利用へ~
嶋本 正(野村総合研究所 代表取締役社長)
14時20分~15時00分 講演2 利用視点の新しいネットワーク ~マルチホップネットワークによる無線伝送インフラ~
守倉 正博(京都大学情報学研究科 教授)
15時00分~15時10分 休憩
15時10分~15時50分 講演3 サービスイノベーションの考え方とビジネス展開
原 良憲(京都大学経営管理大学院 教授・経営研究センター長)
15時50分~16時05分 休憩
16時05分~17時30分 パネル討論 「所有から利用で世界が変わる」
モデレータ:
石田 亨(京都大学情報学研究科 教授)
パネリスト:
村上 輝康(野村総合研究所 シニアフェロー)
田中 克己(京都大学情報学研究科 教授)
山内 裕(京都大学経営管理大学院 講師)
二村 修(野村総合研究所 金融システム事業推進部長)

閉会のご挨拶
17時30分~19時00分 懇親会(有料)

申し込み

下記ページの参加登録フォームから、お申し込みください。
http://www.ai.soc.i.kyoto-u.ac.jp/nomura2010/

問い合わせ先

情報学研究科 社会情報学専攻 石田亨
E-mail: symposium2010*ai.soc.i.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

主催

京都大学情報学研究科
株式会社 野村総合研究所

協賛

京都大学経営管理大学院

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context