セクション

文部科学省先端研究施設共用イノベーション創出事業「ナノテクノロジー・ネットワーク平成22年度成果報告会」

開催日

2010年10月28日(木曜日)

場所

京都大学桂キャンパス 船井哲良記念講堂
http://nsn.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2010/09/kodo.pdf

主催

文部科学省先端研究施設共用イノベーション創出事業
ナノテクノロジー・ネットワーク

後援

京都市、京都環境ナノクラスター、近畿経済産業局、JSTイノベーションプラザ京都、NEDO光集積ラボラトリー、
ナノテクビジネス推進協議会、日本半導体ベンチャー協会

申し込み専用URL

http://nsn.kyoto-u.ac.jp/apply/index.php

定員

200名

参加費

無料(意見交換会は有料: 2,000円)

プログラム

13時10分~13時20分 開会挨拶 文部科学省
13時20分~14時00分 特別講演( I ) 松本紘(京都大学総長)
「明日の未来を拓く最先端科学」
14時00分~14時30分 特別講演( II ) 高村禅(北陸先端科学技術大学院大学)
「マイクロ流路中のプラズマを用いた元素分析の基礎と応用」
14時30分~14時45分 利用成果(1) 筒井真楠(大阪大学)
「単分子計測を基盤としたナノバイオセンサーの開発」
14時45分~15時00分 利用成果(2) 菅野了次(東京工業大学)
「放射光X線表面散乱法によるリチウム電池電極の界面反応解析」
15時00分~15時20分 休憩
15時20分~15時50分 特別公演( III ) 太田淳(奈良先端科学技術大学院大学)
「人工視覚」
15時50分~16時05分 利用成果(3) 阿波賀邦夫(名古屋大学)
「分子クラスターを用いたLi 電池の特性と構造評価」
16時05分~16時20分 利用成果(4) 鈴木昌人(関西大学)
「マッハツェンダ型光干渉計を利用した加速度センサの開発」
16時20分~16時35分 利用成果(5) 田中彰博(アルバック・ファイ株式会社)
「硬X線励起光電子分光法による深さ方向分析手法開発のための基礎研究」
16時35分~16時55分 NNIN (National Nanotechnology Infrastructure Network)
研修参加者報告(5名)
16時55分~17時00分 閉会挨拶 野田哲二 (物質・材料研究機構)
17時10分~19時00分 ポスター発表/意見交換会
(参加費: 2000円、場所: 船井講堂国際交流ホール)
ラボツアー  
11時00分~12時00分 定員50名(集合:京都大学桂キャンパス ローム館 ロビー 10時45分)

問い合わせ先

E-mail: 1028staff*nsn.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context