セクション

再生医科学研究所第4回公開講演会 「幹細胞医学から細胞治療へ」

日時

平成21年9月26日(土曜日)
午後2時00分~午後4時10分 (開場:午後1時00分)

場所

京都大学百周年時計台記念館1階百周年記念ホール

演題および講師

午後2時00分~午後2時05分 開会挨拶
午後2時05分~午後3時05分 「細胞を使って病気を治す」
再生医科学研究所 教授 戸口田 淳也
午後3時10分~午後4時10分 「幹細胞はどこにいる? ~旅する血液・免疫系幹細胞と白血病」
再生医科学研究所 教授 長澤 丘司

定員

500名(先着順:定員締切り後に申し込まれた方にのみ、受講不可の連絡をします)

受講料

無料

申し込み方法

E-mail、FAX、はがきのいずれかに、氏名(複数申し込み可)・連絡先(住所・E-mailアドレス・電話番号・FAX番号等)を記入のうえ、以下の問い合わせ先へお申し込みください。

申し込み締め切り

9月18日(金曜日)

問い合わせ先

京都大学再生医科学研究所 公開講演会係
〒606-8507
住所 京都市左京区聖護院川原町53
部局名 京都大学再生医科学研究所
担当掛 総務グループ
電話番号 075-751-3802 / 3803
FAX番号 075-751-4646
E-mail kouen*frontier.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

URL

http://www.frontier.kyoto-u.ac.jp/

お願い

駐車スペースがありませんので、当日は公共交通機関をご利用願います。

その他

 「再生医学」というと、ES細胞そして最近ではiPS細胞という万能細胞がよく話題になります。幹細胞、というのも、よく耳にする言葉ですね。これらの細胞を使って病気を治す、というのはどういうことなのでしょうか。またそのためには、どんな基礎研究が必要なのでしょうか?

 この公開講演会では、再生医科学研究所の研究内容をシリーズで紹介しています。第4回の今年は、ふたつのホットトピックを取り上げます。ひとつは、私達の体の中にある幹細胞のうち最も研究の進んでいる血液幹細胞について、それがどのように生み出され育まれるか、という問題に挑む研究の話、そしてもうひとつは、幹細胞やiPS細胞などの細胞を用いて病気を治そうとする、細胞治療に挑む研究の話を聞いて頂きます。

 各講演の後には質疑応答の時間を設けています。
  多数の方々のご来場を心よりお待ちしています。

Error AccessControl.unauthorized.Unauthorized on here/portlet_link/macros/portlet: You are not allowed to access 'aq_parent' in this context