音声用スキップ(本文)
ニュースリリース

NPO花山星空ネットワークの会員募集と花山天文台の絵葉書販売の開始について
2007年10月24日


 NPO法人花山星空ネットワークは、花山天文台の天体観測施設を用いた天体観望会や見学会、講演会などを定期的に開催し、天文学をはじめとする自然科学の普及を推進しています。
 花山天文台の天体観測施設を用いた天体観望会の開催など花山星空ネットワークの事業を推進するため、このたび会員を重点的に募集することになりました。また花山天文台の四季折々の美しい風景などをテーマにした絵葉書を作り、販売を開始しました。


NPO花山星空ネットワークについて


 NPO法人花山星空ネットワークは、市民の皆さんのご支援により、花山天文台の天体観測施設を用いた天体観望会や見学会、講演会などを定期的に開催し、天文学をはじめとする自然科学の普及を推進しようという会です。(注1参照
 昨年にNPOを立ち上げ、定期的な花山天体観望会を開始しました。本年1月に設立総会を開催し、6月に正式なNPO法人となりました。本年もすでに4回天体観望会を開催し、11月10日には第5回目の天体観望会を予定しています。(申込締切は10月末日ですので、多くの方々の参加申込を募ります)
 個々の観望会にはこれまで多数の市民の方々が参加いただいていますが(注2)会員の数は少なく(現在100名ほど)、会そのものを運営する資金がほとんどない状態で、大変困っております。パートの事務職員の給料すら遅配という状況です。一方で、市民の方々からは、観望会や一般公開の回数をもっと増やしてほしいという要望が多数寄せられています。
 そこで、心ある市民の方々に、ぜひ寄付をお願いしたいと思います。あるいは、ぜひ賛助会員(年会費3万円)になっていただきたいと思います。
 また、このたび、花山星空ネットワークでは、花山天文台の四季折々の美しい風景などをテーマにした絵葉書を作り、販売を開始しました。この絵葉書の収益は天体観望会をはじめとする自然科学の普及活動に役立ちます。ぜひ、市民の皆様に、絵葉書を購入することによって、NPO花山星空ネットワークへのご支援をお願いしたいと思います。(購入手続きについては、注3参照

柴田一成
NPO花山星空ネットワーク副理事長
京都大学大学院理学研究科附属天文台 教授・台長

黒河宏企
NPO花山星空ネットワーク理事長
京都大学名誉教授


(注1) NPOの趣旨の詳細については、以下を参照してください:
http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/hosizora/

(注2) 毎回の定期観望会(夕方のみ、年5回ほど)は100人(定員)で運営しています。昨日の一般公開(半日)には400人ほどが参加しました。昨年から数えるとのべ2000人近くの人が花山天文台の観望会や一般公開に参加したことになります。観望会には必ず講演会を組み合わせており、講演は天文台スタッフ(柴田)やNPOの会員の天文学者(大学教員)が担当しています。

(注3) 絵葉書の値段(※別途送料がかかります)
 ● 花山天文台:1セット(5枚組) 500円
 ● 花山天文台の四季:1セット(5枚組) 500円
 ● 花山天文台の風景:1セット(6枚組) 600円

 ●お申し込み方法
下記の連絡先にお名前、ご住所、ご希望の絵葉書のセット、数量をご連絡下さい。購入申込確認書と代金の振込用紙を郵送いたします。代金振込の確認後、絵葉書をお送りします。
郵便: 〒6078471 京都市山科区北花山大峰町 花山天文台内
NPO花山星空ネットワークまたは電子メール:
hosizora の後に @kwasan.kyotou.ac.jp をつけて下さい
hosizora の後に @kwasan.kyoto-u.ac.jp をつけて下さい
※メールアドレスに誤りがありましたので、修正致しました(11月20日付)


 京都新聞(10月27日 31面)、産経新聞(10月30日 26面)及び読売新聞(10月27日 31面)に掲載されました。