音声用スキップ(本文)
ニュースリリース


数字を理解する脳の領域を解明

2007年1月4日


正高 信男 教授 正高 信男 霊長類研究所教授らの研究グループは、私たちが数字をみて、それが表している数がいくつなのかを認識するとき、脳のどこが働いているかを世界で初めて明らかにしました。言語については、言語中枢と呼ばれる領域が重要であることが従来からわかっていました。しかし数については未知であったのが、言語中枢と全く異なる箇所であることが判明しました。
 この研究成果は「ブレーンアンドランゲージ」誌電子版2007年1月号に掲載されます。

研究成果の概要

  私たちが数字をみて、それが表している数がいくつなのかを認識するとき、脳のどこが働いているかが、京都大学霊長類研究所教授の正高信男のグループの研究から世界で初めて明らかになった。言語については、言語中枢と呼ばれる領域が重要であることが従来からわかっていた。しかし数については未知であったのが、言語中枢と全く異なる箇所であることが判明した。
  正高は国立精神神経センターと共同で、科学技術振興機構の研究費によりローマ数字の読み方を学習する際の脳機能を、機能的核磁気共鳴装置(fMRI)をもちいて計測した。たとえば下のような図を見せ、意味を考えてもらう。

CMXCIX


 ふつう日本人は、これが何を意味するかわからない。じつはこれはローマ数字で、I=1. V-5, X=10, C=100, M=1000にあたる。しかも桁数のより小さい数の文字が、より大きい文字の左にくると、大きい文字から小さい文字を引け、という読みの規則がある。だからCM=1000-100=900 となり、XC=100-10=90, IX=10-1=9で全体は999を意味することになる。
 正高らの研究では、被験者にまず、こういう刺激の本当の意味が全く分からない時の脳の血流の状態、読み方はわかったが、いざ読もうとしてもうまくよめないときの血流の状態、だんだん読みが上達したときの状態、すらすら学習によって読めるようになった時の状態を比較することで、脳のどこが数字の理解に関係しているかを分析した。

A、B、C、Dの4つの脳の図


  上の図のAは意味がわからないときである。Bは読み方はわかるが実際には読めない状態であるが、そうすると血流は飛躍的に増加する。Cはかなり読めるようになった状態、Dは3ヶ月の猛烈な学習によってすらすら読めるようになったときの血流であるが、図をみるかぎり、血流にはあまり変化がB以降みられないようにみえる。
  しかし詳細な分析をめざし、読みの学習の進行につれて脳機能がどう変化したかを検討するため、C?B、D?Cを計測したところ、下のようなパターンが得られた。

3パターンの脳の断面図

 脳の一カ所のみが熟達に従い、確実に活動を増して行く。それゆえここが数をあらわす文字すなわち数字をみて、そこから数の値を導くためにきわめて貴重な活動をおこなっている所と結論される。それは左半球(右利きの場合)前頭葉の背側部中央のかぎられた場所のニューロンであると考えられる。
  数字というのはふつう人間にとってうまれてまもないころからなじんだ表記法であるため、その学習をどこでおこなっているかを調べることはなかなかできなかった。しかし正高らは、ローマ数字が日本人になじみがないという特徴をうまく利用して、以上のような発見をすることが出来た点でユニークな実験といえるかもしれない。




 京都新聞(1月4日 28面)、産経新聞(1月4日 1面)及び読売新聞(1月4日 37面)に掲載されました。