音声用スキップ(本文)

学会・シンポジウム

◆ 京都大学大学院生命科学研究科生命文化学研究室 Presents
 「小さな写真展」−その形を見る II−



 趣旨
 「科学を楽しむ」とはどういうことなのでしょうか。例えば「音楽を楽しむ」ということは、作曲家や演奏家、さらには曲が作られた背景や歴史についての知識を得ることではなく、まず聴いて楽しむことでしょう。同様に、科学においても説明や知識、理解よりもまず科学自体を楽しむことが大切ではないかと私たちは考えています。科学の原点でもある「見る」ということから、科学を楽しむきっかけを作ることができるのではないか。そういう考えをもとに、今回私たちは走査電子顕微鏡写真の写真展を企画しました。本企画では、研究者が撮影した走査電子顕微鏡写真とグラフィックデザイナーの手による走査電子顕微鏡写真とを展示し、科学との魅力的な出会いの場のひとつとして提案したいと思います。

 内容
 走査電子顕微鏡写真を用いた写真展を開催します。ゲノムがつくり出した生きものの様々な形をテーマに、染 色体や海洋プランクトンなど研究者がその形の面白さを捉えた作品とともに、グラフィックデザイナーが撮影し着色しためしべや花粉などの作品を展示します。
 また最終日には、「小さな鑑賞会」と題したトークセッションを行います。ゲストに、法然院貫主の梶田真章氏、大分大学医学部教授の島田達生氏、写真家の松田由布氏をお迎えします。
 走査電子顕微鏡写真はどのように撮影されるのか、また生きものを「見る」「観察する」とはどういうことなのか、といったテーマでお話しいただく予定です。

 開催概要
日程
2007年8月24日(金曜日)〜9月2日(日曜日) 10日間
10時00分〜16時00分
会場 法然院(京都市左京区)
入場 無料
主催
京都大学大学院生命科学研究科生命文化学研究室/人文科学研究所
共催 本山獅子谷 法然院


 ◇写真展: 期間中全日
■展示作品
 ・海洋プランクトン
 ・酵母菌
 ・黄麹菌
 ・めしべ
 ・花粉
 ・染色体
 ほか
■写真協力:(順不同)
 稲賀 すみれ氏
  鳥取大学医学部医学科機能形態統御学講座・ゲノム形態学分野
 木元 克典氏
  独立行政法人海洋研究開発機構地球環境観測研究センター
 島田 達生氏
  大分大学医学部看護学科健康科学
 名黒 知徳氏
  鳥取大学医学部医学科機能形態統御学講座・ゲノム形態学分野
 西永 奨氏
  グラフィックデザイナー
 日本女子大学オープン・リサーチ・センター
 医学生物学電子顕微鏡技術学会(予定)
 ほか

 ◇小さな鑑賞会: 9月2日(日曜日) 13時00分〜15時00分
定員:50 名(先着順)
ゲスト:
 梶田 真章氏(法然院貫主)
 島田 達生氏(大分大学医学部教授)
 松田 由布氏(写真家)
 司会:川上 雅弘氏(京都大学人文科学研究所研究員)

 資料および連絡先
 【添付資料】ポストカード PDF
 【連絡先】京都大学大学院生命科学研究科生命文化学研究室
 小さな写真展プロジェクト
 (代表者)加藤 和人
 (担当者)森田 華子、山本 芳栄、川上 雅弘、高橋 貴哲
 Tel:075-753-9244、Fax:075-753-9245、E-mail:biosoc の後に @lif.kyoto-u.ac.jp をつけて下さい
 URL:http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~kato/