音声用スキップ(本文)
学会・シンポジウム


◆国際シンポジウム「総合的地域研究の新地平:アジア・アフリカからディシプリンを架橋する」
(Kyoto Simposium “Crossing Disciplinary Boundaries and Re-visioning Area Studies: Perspectives from Asia and Africa”)


 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科及び東南アジア研究所は、21世紀COEプログラム「世界を先導する総合的地域研究拠点の形成」が目指してきた「総合的地域研究」の到達点を示すとともに、今後の課題についても議論を行うために上記の国際シンポジウムを開催します。アジア、アフリカでさまざまな研究に従事する方々だけでなく、さまざまなかたちでアジア、アフリカに関わってこられた方々、あるいはアジア、アフリカに関心をおもちの方々のご参加をお待ち申し上げます。

プログラム

会議の案内・日程・論文要旨は、以下のURLをご覧ください。



日時 2006年11月9日(金曜日)〜13日(月曜日)
会場 京都大学百周年時計台記念館
http://www.kyoto-u.ac.jp/top2/11-top.htm
使用言語 英語
参加資格

会議は公開とし、どなたでも参加できます。当日受付もできますが、参加ご希望の方々は、できるだけ11月6日(月曜日)までに上記URLから事前にオンライン登録をしていただければ幸いです。

参加費用 無料
問い合わせ先 21世紀COEプログラム事務局
TEL 075-753-9192
FAX 075-753-7395
E-mail ks06info@asafas.kyoto-u.ac.jp

主催 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科、東南アジア研究所