音声用スキップ(本文)
学会・シンポジウム

湯川秀樹・朝永振一郎生誕100年記念シンポジウム
  「知」に挑む - 荒野をひらく力



 朝日新聞社と京都大学は湯川秀樹、朝永振一郎両氏の生誕100年を記念したシンポジウムを開き、現代の研究者に知のフロンティアに挑むためには何が必要かを話し合います。

【プログラム】(敬称略)

13時00分〜 主催者あいさつ

  • 基調講演
     佐藤 文隆 湯川記念財団理事長
     森 重文 京都大数理解析研究所教授

14時45分〜 休憩

15時00分〜 パネル討論

  • パネリスト
     米沢富美子 慶応義塾大名誉教授
     深谷 賢治 京都大大学院理学研究科教授
     高階絵里加 京都大人文科学研究所助教授
     林 重彦 京都大大学院理学研究科助教授
  • コーディネーター
     茂木健一郎  脳科学者
      ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー

17時00分〜 終演

 講師の横顔はこちら



日時 平成18年11月4日(土曜日) 午後1時〜5時
会場 京都大学百周年時計台記念館・百周年記念ホール
(京都市左京区吉田本町)

主催 京都大学、朝日新聞社