音声用スキップ(本文)
学会・シンポジウム

◆シンポジウム:死刑廃止をめぐるヨーロッパの経験
  (Symposium : Pas la peine !)



 死刑廃止をめぐるヨーロッパの経験 現在、死刑廃止は欧州のアイデンティティ形成の基盤をなす価値観の一つであり、欧州連合(EU)加盟の条件ともなっています。死刑が提起する諸問題は、法的、社会学的な側面のみならず、人間性や哲学に深く関るものであり、世界各地で活発な論議を呼び起こしています。死刑廃止に踏み切る国が増える一方、一般市民の意識の変化は遅く、もろいものでもあります。フランスにおける死刑廃止25年を記念して、関西日仏学館では、複雑な様相を備えたこのテーマを巡るシンポジウムを、京都大学大学院法学研究科、京都大学人文科学研究所及び東京日仏学院と共に開催します。

  Pas la peine ! L'abolition de la peine capitale est aujourd'hui une des valeurs essentielles qui fondent l'identite europeenne et conditionnent l'entree des membres dans l'UE. Les questions que pose la peine de mort, juridiques, sociologiques, mais surtout humaines et philosophiques continuent de susciter de vifs debats un peu partout dans le monde. Son abolition dans un nombre croissant de pays ne reflete pas toujours fidelement l'evolution plus lente, et souvent plus fragile, des mentalites. A l'occasion du 25eme anniversaire de l'abolition de la peine capitale en France, l'Institut franco-japonais du Kansai organise, en cooperation avec l'Institut franco-japonai de Tokyo, le Departement de droit de l'Universite de Kyoto et Institut de recherches en sciences humaine de l’Universite de Kyoto une journee de debat et de reflexion sur ce theme sensible.


【第1部】 

午後4時30分〜6時  京都大学人文科学研究所・大会議室

  • パスカル・バスティアン
    一八世紀ロンドンとパリにおける死刑
  • 伊藤孝夫
    近世・近代の日本における死刑
  • 司会・コメンテーター 石井三記  

1er PARTIE :16:30 - 18:00
Institut de recherches en sciences humaine de l’Universite de Kyoto

Pascal BASTIEN
≪ La peine de mort au 18eme siecle a Londre et a Paris ≫
Takao ITO
≪ La peine de mort au Japon premoderne et moderne ≫
Moderateur et Commentateur :
Mitsuki ISHII

【第2部】

午後7時〜8時半 関西日仏学館・稲畑ホール

  • ラウンド・テーブル「死刑廃止をめぐるヨーロッパの経験と日本
  • 司会 伊藤孝夫  
  • パネリスト
      ミッシェル・トゥビアナ
      高山佳奈子
      パスカル・バスティアン
      石井三記

2eme PARTIE :19 :00 - 20 :30
Salle INABATA de l’IFJKansai

Table Ronde : ≪L'experience de l'Europe face a la question de l'abolition de la peine de mort et le Japon ≫

Moderateur : Takao ITO
participants :
Michel TUBIANA
Kanako TAKAYAMA
Pascal BASTIEN
Mitsuki ISHII

  • パスカル・バスティアン
      ケベック大学モントリオール校・教授
  • ミシェル・トゥビアナ
      フランス人権同盟LDH名誉会長、国際人権連合FIDH副会長
  • 伊藤孝夫 
     京都大学大学院法学研究科・教授(日本法制史)
  • 石井三記 
     名古屋大学大学院法学研究科・教授(西洋法制史)
  • 高山佳奈子 
     京都大学大学院法学研究科・教授(刑法)

Pascal BASTIEN,
Prof. de l'Universite du Quebec
Takao ITO,
Prof. de l’Universite de Kyoto
Mitsuki ISHII,
Prof. de l’Universite de Nagoya
Michel TUBIANA,
vice-president de la Federation internationale des droits de l'homme et president d'honneur de la Ligue francaise des droits de l'homme
Kanako TAKAYAMA,
Prof. de l’Universite de Kyoto


日時と場所 2006年10月30日(月曜日)
le lundi 30 octobre 2006

第1部 16時30分〜18時
京都大学人文科学研究所・大会議室

第2部 19時〜20時半
関西日仏学館・稲畑ホール 

定員 なし
申し込み 不要

問い合わせ先

関西日仏学館 TEL 075-761-2105(代)


主催
  関西日仏学館, 京都大学大学院法学研究科
  京都大学人文科学研究所

共催 東京日仏学院

ORGANISATION:
IFJKansai,
Departement de droit de l’Universite de Kyoto, Institut de recherches en sciences humaine de l’Universite de Kyoto,
CO-ORGANISATION : IFJTokyo