音声用スキップ(本文)
公開講座

 

◆京都大学春秋講義



春秋講義ロゴ

 春秋講義は、1988(昭和63)年秋から月曜日と水曜日に分かれて開講されています。月曜講義は「現代と哲学」(1988年秋)、「先端工業技術の現在」(1989年春)といった共通テーマを設けて行うのに対して、水曜講義は講師がそれぞれ時宜を得たテーマについて講義を行うものです。

  当初は掘り下げた専門的講義を目的としたものでしたが、最近では一般の方々に参加していただきやすい分かりやすい講義になってきています。

 

会場
京都大学百周年時計台記念館 百周年記念ホール(定員500名)
講義時間 各日18時30分〜20時(開場18時)
受講資格 特に問いません
受講料 無料
申し込み 不要(各講義とも先着順)
問合せ先

京都大学総務部社会連携推進課

〒606-8501 京都市左京区吉田本町  電話 075-753-2285


月曜講義


 メインテーマ 「現在を診る」

5月15日

ここまで進んだ!糖尿病治療

 医学研究科・教授 稲垣暢也

5月22日

企業不祥事と会社法制

 法学研究科・教授 北村雅史

5月29日

21世紀は資源争奪の時代

 工学研究科・教授 芦田 讓



水曜講義

5月17日

シルクロードとくすり

 薬学研究科・教授 本多義昭

5月24日

昆虫の超能力を探る−求愛・食草探索・護身の術

 農学研究科・教授 西田律夫

5月31日

人間関係に生かすカウンセリングの「こころ」

 教育学研究科・助教授 桑原知子






京都大学春秋講義は、財団法人 京都大学教育研究振興財団の助成を得て開催されております。