音声用スキップ(本文)
学会・シンポジウム


日本地質学会第112年学術大会



 日本地質学会は地球科学の分野における日本で最も大きい学会で、会員は約4600名です。
今年度の学術大会は京都大学で開催され、6つの学術シンポジウムのほか、約600件の研究発表が行われます。今回の参加者は約1000名となっています。
 専門的な研究発表の他に、地球や国土に関する身近な問題について、一般の市民を対象にした講演会や展示会も開かれます。


日程 平成17年9月18日(日曜日)〜20日(火曜日)
場所

京都大学 (吉田南構内・百周年時計台記念館)

京都大学の地図

詳細 大会全体のくわしい内容は下記ホームページにありますので、ご覧下さい。
http://www.geosociety.jp/2005kyoto-HP/kyoto-index.html
問い合わせ先

これらの行事および学術大会全般に関するお問い合わせ・ご連絡は下記にお願いします。

京都大学大学院理学研究科地質学鉱物学教室内
日本地質学会大112回学術大会実行委員会
事務局 

  • 増田 富士雄 TEL 075-753-4160 e-mail masuda@kueps.kyoto-u.ac.jp
  • 神谷 英利 TEL075-753-4166 e-mail kamiya@kueps.kyoto-u.ac.jp


◆市民向け普及行事や一般公開シンポジウムは以下の通りです。

 市民講演会「京都とその周辺地域の地震と地質災害」
日時と場所

平成17年9月18日 (日曜日) 午後1時〜3時

京都大学百周年時計台記念館・百周年記念大ホール (入場無料)

プログラム
詳細はこちら

 学会表彰記念講演

日時と場所

平成17年9月18日 (日曜日) 午後3時20分〜3時50分

京都大学百周年時計台記念館 大ホール (入場無料)

演題及び講演者

私が地学小説を書く理由

 石黒 耀氏 (作家)


 (一般公開シンポジウム)「自然災害から子ども達を守る」
日時と場所

平成17年9月19日 (月曜日・祝日) 午前9時〜12時

京都大学・吉田南1号館・共B02会場 (入場無料)

プログラム
詳細はこちら

 地質情報展2005きょうと −大地が語る5億年の時間(とき)−

日程と場所

9月18日(日曜日) 〜20日(火曜日)

京都大学 吉田南1号館地階 (入場無料)

内容

詳細はこちら