HOME 資料室 Top 京都大学

資料室・遺物コーナー − 近世・近代の遺物
近世・幕末の遺物
玩具
(泥面子・人形他)
乾山焼陶片 蓮月焼
近代の遺物
三高・京大関連遺物

⇒ 前のページ(古墳・古代・中世)へ

玩具(泥面子・人形他)
写真・左側は泥面子、右側は伏見人形 時代細分
18〜19世紀
調査地点
構内各所
解説

江戸時代の土製玩具類。人や動物などをかたどった伏見人形と、直径3p前後の円盤に文字や数字、文様を陽刻する泥面子にわけられる。 江戸時代の京都大学構内は、吉田村や聖護院村の田畑が広がる景観であったことが絵図や文書などから確認でき、 玩具類の多くは、こうした田畑の土層からみつかっている。

⇒ このページのトップへ
乾山焼・陶片
写真・京大構内出土の乾山焼・陶片 時代細分
18世紀中葉
調査地点
病院構内 AE19区
解説
享保16(1731)年ごろ、尾形乾山が江戸へ下向したのち、京では養子・尾形猪八が2代乾山を名乗って、 聖護院門前で乾山焼を継いだことが初代乾山著『陶磁製方』にみえる。 2001(平成13)年の発掘調査で、写真に掲げた乾山銘をもつ陶片や窯片が多数見つかった。製品には高火度焼成品、低火度焼成品ともにある。 文献にみえる聖護院窯の実態をしめす考古資料である。

(「京都大学病院構内出土の乾山焼関連資料」日本考古学協会第69回研究発表要旨,2003年)

⇒ このページのトップへ
蓮月焼
写真・京大構内出土の蓮月焼 時代細分
19世紀中葉
調査地点
病院構内 AG20区
解説

幕末の歌人、大田垣蓮月(1791〜1875)が製作した蓮月焼。蓮月焼は、蓮月が自詠の和歌を釘彫りした茶器で、 当時の文人墨客の煎茶趣味と合致して名声を博したとされる。 みつかったものは焼き損じたものばかりであり、聖護院村の北辺(病院構内東南部)に居住した60歳代後半から70歳代前半の作品と考えられる。

(京都大学構内遺跡調査研究年報 1996年度)

⇒ このページのトップへ
三高・京大関連遺物
写真・三高・京大関連遺物 時代細分
19世紀後葉〜20世紀前葉
調査地点
本部構内・吉田南構内
解説

発掘調査では、第三高等学校や帝国大学時代の遺物もしばしば出土する。 「第三高等学校」と呉須で筆書きした茶碗は吉田南構内、それ以外は本部構内から出土した。 図案化された大学マークをもつ土瓶・茶碗は、底に「本」の銘をもつことから本部で、「法」のマークをもつ土瓶は法学部で使用されたことを示している。 これらは、地元・清水焼の窯元による注文生産品である。

⇒ このページのトップへ


⇒ 前のページ(古墳・古代・中世)へ

HOME 資料室 Top 京都大学