京都大学東京オフィス: 主要なセミナー

エラー
ポートレットをレンダリングしているときにエラーがありました。

東京で学ぶ 京大の知

 「東京で学ぶ 京大の知」は、東京地区において京都大学の研究成果を発信することを目的とする連続講演会です。毎回定められたテーマに沿って、京都大学の教員4名がそれぞれ1時間半の講演を行います。無料の講演会で、どなたでもご参加いただけます。

詳細:こちらのページをご覧ください。

京都大学 丸の内セミナー <略称: 丸の内セミナー>

 京都大学には現在22の附置研究所と附置研究センターがあります。

 平成27年4月に、これらの相互連携を強化し、学部・研究科を含めた全学的な研究活動から異分野融合による新学術分野の創成をめざして「京都大学研究連携基盤」が設置されました。

 本セミナーは、平成22年6月から平成27年3月まで京都大学附置研究所・センター長会議が主体となり、平成27年4月からは研究連携基盤が企画・運営を継承し、品川駅前の京都大学東京オフィスにおいて「品川セミナー」として、毎月1回開催してきました。

 平成28年4月に東京駅前丸の内に移転した新京都大学東京オフィスおいて、同年6月から「京都大学丸の内セミナー」として毎月1回のセミナーを開催します。

 各研究所・センターで行っている最新の研究成果の発信、時期を得た話題に対する専門家による解説などを中心に、関東地域在住の社会人を対象とした「大人のための高度な教養講座」として位置づけ、対象とする企業に勤務する社会人の参加を促進すべく平日の夕刻に実施しています。セミナーの企画においては、産官学連携を重視する観点から「専門性、先端性、タイムリーな話題」を特に重視しています。どなたでも参加できます。

日時: 毎月第1金曜日 18時00分~
詳細: 以下のWebサイトをご覧ください。
京都大学研究連携基盤 〈京都大学丸の内セミナー〉

国立大学共同利用・共同研究拠点協議会「知の拠点セミナー」

※ 平成28年度から、開催曜日、時刻を変更しました。

 わが国の大学には、学部や大学院のほかに、研究所や研究センターがあります。研究所・研究センターは、学術研究の最先端を担い、各大学の個性といえる存在です。平成22年4月から「共同利用・共同研究拠点」という国の制度が始まりました。現在、27の国立大学に、合計77の拠点があります。

 それらの拠点では、所属する大学の壁を越えて、全国の研究者と交流しています。

 こうした共同利用・共同研究拠点が一体となって、毎月1回、第3土曜日の午後に、連続セミナーを開催します。

 学問の最先端のようすを、広く一般の方々にお届けするとともに、その声を直接お聴きするのが目的です。サイエンスカフェ風のくつろいだ雰囲気のなかで、自由な談論のときをお過ごしください。

 なお、平成28年4月~8月は休止します。再開は平成28年9月17日(土曜日)です。 本セミナーに関する情報は以下のWebサイトで、随時お知らせします。

詳細: 以下のWebサイトをご覧ください。
国立大学共同利用・共同研究拠点協議会「知の拠点セミナー」