News

「東京で学ぶ 京大の知」シリーズ15 こころの未来-私たちのこころは何を求めているのか- 第1回を開催しました。(2014年5月28日)


2014年05月28日

  • トピックス 大学の動き

  • 一般・地域

 連続講演会「東京で学ぶ 京大の知」のシリーズ15 こころの未来-私たちのこころは何を求めているのか- 第1回を東京オフィスで開催しました。

 「心理」をテーマにしたシリーズ15の第1回は、「日本文化における主体性とは何か -日本人の意識、感情、関係性からの考察」と題し、内田由紀子 こころの未来研究センター特定准教授が講演を行いました。

 日本文化・社会の中で育まれる「こころ」のあり方を、社会心理学・文化心理学の視点から検討し、日本における主体性について考える内田先生の講演に、来場者は熱心に聞き入っていました。また、吉川左紀子 こころの未来研究センター長がディスカッサントとして参加し、講師とはまた異なる視点を投げかけることでテーマを深めました。講演後には活発に質疑応答が行われました。


講演する内田特定准教授

会場の様子

「東京で学ぶ 京大の知」シリーズ15 こころの未来-私たちのこころは何を求めているのか- 第1回を開催しました。(2014年5月28日)
現在の画像 JPEG image — 51 KB

No