News

京都大学技術士会共催で「技術士を目指そう」第10回説明会が開催されました。(2017年4月14日)


2017年05月08日

  • ニュース 大学から

  • 卒業生

 工学研究科主催、京都大学技術士会共催で「技術士を目指そう」第10回説明会が、桂キャンパス Bクラスター 桂ホールにおいて開催され、学部生、大学院生、教職員等合わせて24名の参加がありました。

 最初に同会副代表幹事であり技術士(建設部門)でもある大津宏康 工学研究科教授から、これからの時代、京大卒のブランドや会社の看板ばかりをあてにすることができなくなっている中で、個人の技術力を証明するのに技術士資格取得が有効な手段の一つであることが紹介されました。

 続いて同会の紹介、技術士制度および技術士試験の制度の説明を行ったのち、各分野で活躍する先輩技術士でもある同会幹事3名により、技術士資格取得のメリット(所属企業内や客先での評価向上、社外技術者との交流など)や受験の心構え(一次試験はできるだけ早く受験すること、日頃から業務遂行のプロセスを大事にすること)など、体験に基づく説明が行われました。さらには全体を通した質疑応答が行われ、司会者の「技術士試験を受験してみようかと思われる方は?」という呼びかけに半数を超える参加者の手が上がり、関心の高さが伺えました。

説明会の様子


京都大学技術士会共催で「技術士を目指そう」第10回説明会が開催されました。(2017年4月14日)
現在の画像 JPEG image — 26 KB

No