Events

  • その他

第13回京都大学附置研究所・センター シンポジウム 京都大学岡山講演会 京都からの挑戦 -地球社会の調和ある共存に向けて「京大起春風(きょうだいはるかぜをおこす)」


2017年12月04日 月曜日

 附置研究所と研究センターでは基礎研究ばかりでなく文系理系のさまざまな研究に取り組んでいます。それらの研究成果を社会に還元したいという思いから本シンポジウムは発足し、平成17年度に第1回を東京で開催し、その後毎年1回、全国の主要都市において開催してきました。13回目となる今回は岡山市で開催します。
  • 2018年03月17日 土曜日

10時00分~17時00分
  • その他

おかやま未来ホール
所在地: 岡山市北区下石井1丁目2-1 イオンモール岡山5階

どなたでも参加できます。
※ 高校生の参加歓迎

600名(申し込み先着順)

プログラム

10時00分~10時10分 開会挨拶
山極壽一 総長
10時10分~10時40分 「巨大惑星に吹く風」
竹広真一 数理解析研究所准教授
10時40分~11時10分 「チンパンジーの研究からヒトを知る」
林美里 霊長類研究所助教
11時10分~11時40分 「ナノサイエンスで拓く新しい光科学とエネルギー応用」
松田一成 エネルギー理工学研究所教授
11時40分~13時05分 休憩
13時05分~13時20分 質問回答コーナー
13時20分~13時50分 「聞いて考えて話すコンピューター」
森信介 学術情報メディアセンター教授
13時50分~14時20分 「マクロ経済学と日本経済」
髙橋修平 経済研究所准教授
14時20分~14時50分 「照準を合わせろ! がんに対する放射線治療の現状と課題」
原田浩 放射線生物研究センター教授
14時50分~15時20分 「『孔(あな)』をエネルギー・環境・医療に役立てる」
Easan Sivaniah 高等研究院 物質-細胞統合システム拠点教授
15時20分~15時40分 休憩
15時40分~15時55分 質問回答コーナー
パネルディスカッション(司会:吉川左紀子 こころの未来研究センター長)
15時55分~16時55分

「挑戦の意味、失敗の意味」
-未踏科学研究ユニットはどこへ向かうのか

  • 湊長博 理事・副学長
  • 佐々木節 未来創成学国際研究ユニット長・基礎物理学研究所教授
  • 湯本貴和 ヒトと自然の連鎖生命科学研究ユニット長・霊長類研究所長
  • 梅澤俊明 グローバル生存基盤展開ユニット長・生存圏研究所教授
  • 原正一郎 学知創成ユニット長・東南アジア研究研究所教授
16時55分~17時00分 総括・挨拶
小柳義夫 研究連携基盤長

無料

Webでの申し込み

以下Webサイトの「参加申し込みフォーム」からお申し込みください。
https://u.kyoto-u.jp/sympo2018/

Faxでの申し込み

冒頭に「京都大学シンポジウム参加申込み」と明記のうえ、以下の項目をご記入のうえ問い合わせ先まで送信してください。

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 連絡先のFax番号および電話番号、受付通知をメールにて希望される方はメールアドレス
  3. 年齢
  4. 性別

往復はがきでの申し込み

冒頭に「京都大学シンポジウム参加申込み」と明記し、以下の項目をご記入のうえ問い合わせ先まで送信してください。
(返信はがき(表)に、送付先の住所、氏名を必ず記入してください。)

  1. 氏名(ふりがな)
  2. 住所
  3. 連絡先の電話番号
  4. 年齢
  5. 性別



京都大学原子炉実験所総務掛
〒590-0494 大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
Tel: 072-451-2300
Fax: 072-451-2600
E-mail: sympo2018*kurca.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

主催: 京都大学、京都大学研究連携基盤
後援: 岡山県教育委員会、読売新聞社

第13回京都大学附置研究所・センター シンポジウム 京都大学岡山講演会 京都からの挑戦 -地球社会の調和ある共存に向けて「京大起春風(きょうだいはるかぜをおこす)」
現在の画像 JPEG image — 66 KB

PDF document icon okayama_flyer.pdf — PDF document, 560 kB (573669 bytes)

No