Events

  • 吉田キャンパス

平成29年 日本学術会議 近畿地区会議 学術講演会「超スマート社会に向けて -AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)により私たちの生活はどう変わるか-」


2017年09月06日 水曜日

 スマホ(スマートホン)が身近な存在となり、いまや身の回りの多くの「モノ」がインターネットにつながる時代が目の前に迫ってきました。そこに人工知能(AI)が登場し、その高度な判断能力は私たちの社会に計り知れない影響を与え始めています。

 本講演会では、「超スマート社会」と呼ばれるこれからのネットワーク社会を俯瞰するとともに、近い将来これらの技術が社会にどのような影響を及ぼし、私たちの生活はどのように変わっていくのか、専門家とともに一緒に考えていきます。
  • 2017年09月30日 土曜日

13時00分~17時00分
  • 吉田キャンパス

国際科学イノベーション棟5階 シンポジウムホール
本部・西部構内マップ[69]
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

どなたでも参加いただけます。

260名(先着順)

プログラム

総合司会: 東野  輝夫(日本学術会議第三部会員・大阪大学情報科学研究科教授) 

開会の挨拶 梶 茂樹(日本学術会議近畿地区会議 代表幹事・京都産業大学現代社会学部教授)
大西 隆(日本学術会議会長・豊橋技術科学大学長・東京大学名誉教授)
趣旨説明

吉田 進(日本学術会議第三部会員・京都大学特任教授)

講演
  • 講演1「超スマート社会を実現するビッグデータ創出技術」
    原田 博司(京都大学情報学研究科教授)
  • 講演2「人工知能のもたらしつつあるもの」
    西田 豊明(日本学術会議連携会員・京都大学情報学科研究科教授)
  • 講演3「自動運転の技術開発とその課題」
    木津 雅文(トヨタ自動車株式会社コネクティッドカンパニー ITS企画部部長)
  • 講演4「AIは雇用を奪うか」
    井上 智洋(駒澤大学経済学部准教授)
全体討論

「AIやIoTが進展していく生活世界を私たちはどう受けとめたらよいか」
 コーディネーター: 兵藤 友博(日本学術会議第一部会員・立命館大学経営学部教授)

閉会の挨拶 東野 輝夫(日本学術会議第三部会員・大阪大学情報科学研究科教授) 





日本学術会議近畿地区会議事務局(京都大学研究推進部)
Tel: 075-753-2041
Fax: 075-753-2042
E-mail: kensui.soumu*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

主催: 日本学術会議近畿地区会議、京都大学
後援: 公益財団法人日本学術協力財団

平成29年 日本学術会議 近畿地区会議 学術講演会「超スマート社会に向けて -AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)により私たちの生活はどう変わるか-」
Current image JPEG image — 170 KB

PDF document icon poster.pdf — PDF document, 931 kB (953754 bytes)

No