京都大学 - RSS feed

Hotwebsite items
最近の変更すべて...

RSS

イベントページ HTML公開講座 不可知なもの -ことばによる思考を超える心の機能と心の変化-
教育学研究科附属臨臨床教育実践研究センターでは、毎年、深刻化する教育問題への取り組みの⼀環として、現代人のこころの理解に主眼をおいた公開講座を実施しています。今年度は、ルディ・ベルモート(Rudi Vermote)同センター客員教授を講師として開催します。
ニュースページ HTML「東京で学ぶ 京大の知」シリーズ28「未来につながる情報化社会-日常生活の中の技術革新-」第1回を開催しました。(2018年5月15日)
研究成果 HTML特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子を開発
ガネシュ・パンディアン・ナマシヴァヤム 高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)助教、杉山弘 同連携主任研究者(兼・理学研究科教授)、谷口純一 理学研究科博士課程学生(現・理化学研究所博士研究員)らの研究グループは、人工的に狙った場所の遺伝子を活性化できる分子を新たに開発しました。
研究成果 HTML自己免疫性関節炎の発症・慢性化に関わる新規細胞群と炎症ネットワークメカニズムの発見
廣田圭司 ウイルス・再生医科学研究所准教授らの研究グループは、医学部附属病院、大阪大学、チューリッヒ工科大学(スイス)、フランシス・クリック研究所(英国)、エジンバラ大学(英国)と共同で、関節リウマチのマウスモデルを用い、自己免疫性関節炎を引き起こす炎症性T細胞が、関節炎の発症および慢性化維持に関わる新たな仕組みを明らかにしました。
イベントページ HTML京都大学未来フォーラム(第71回)多様化する現代コミュニティと建築空間-明日の地域社会のあり方を考える
研究成果 HTML体内リズムの24時間周期を決めるタンパク質を発見-家族性睡眠相前進症候群(FASPS)の分子機構の解明-
岡村均 名誉教授(薬学研究科特任教授)、Jean-Michel Fustin 薬学研究科特定講師と、理化学研究所、東京大学、デュークNUS医学大学院(シンガポール)らの研究グループは、時計タンパク質PERを安定させる酵素が、一つの遺伝子Ck1dから生み出される、正反対の機能を持つ新旧2つの酵素Ck1d1とCk1d2が、時計タンパク質PERを安定させることを明らかにしました。
ニュースページ HTML本学学生が逮捕されたことについて
研究成果 HTML臨床用ヒトES細胞株の樹立に国内で初めて成功-再生医療の安全性-有効性の向上に貢献-
研究成果 HTML難治性疾患「ATR-X症候群」の治療に新たな光-重度知的障がいに対する新しい治療薬候補の発見-
和田敬仁 医学研究科准教授、福永浩司 東北大学教授、塩田倫史 岐阜薬科大学准教授らの研究グループは、重度知的障がいをきたす指定難病のひとつである「ATR-X 症候群」の治療薬候補を世界で初めて発見しました。
研究成果 HTML葉緑体の染色体分離の瞬間をとらえた -葉緑体核様体の柔軟なネットワーク構造を解明-
上村嘉誉 理学研究科修士課程院生(研究当時)、西村芳樹 同助教らの研究グループは、単細胞緑藻クラミドモナスに注目し、葉緑体核様体を蛍光タンパク質によって標識し、マイクロ流体デバイスによって観察することにより、その挙動を生きたまま追跡することに世界で初めて成功しました。
イベントページ HTML2018 大学・短大進学ガイダンス(岐阜)
高校生・受験生と保護者を対象とした大学・短大進学ガイダンスに京都大学も大学個別相談コーナーを設置します。学部・学科のこと、学生生活のこと、入試のことなどお気軽にご相談ください。
研究成果 HTML食物網のかたちを捉える新手法-河川で生態系の変化を捉えることに成功-
大手信人 情報学研究科教授、加藤義和 総合地球環境学研究所研究員、陀安一郎 同教授、近藤倫生 東北大学教授、吉村真由美 森林総合研究所室長らの研究グループは、生物多様性を知るための指標として知られていたシャノン・ウィーナー指数(H’)をもとに算出できる3つのD指標を用いることで、食物網の複雑な構造を捉えられることを示しました。
研究成果 HTML電力をパケット化しデジタルに処理する枠組みを構築 -エネルギーと情報の統合に向けたアプローチ-
縄田信哉 工学研究科博士課程学生(現・三菱電機株式会社)、牧淳人 スウェーデン王立工科大学(KTH Royal Institute of Technology)准教授、引原隆士 工学研究科教授の研究グループは、電力のパケット化技術に基づきデジタル化・量子化された電力を扱う電気エネルギーネットワークの枠組みを構築しました。
イベントページ HTML第235回アフリカ地域研究会「メディアをとおした公共の広がり-ベナン、トーゴのラジオ調査から-」
研究成果 HTML画期的抗ウイルス薬FIT-039による子宮頸がんの阻止 -治験を医学部附属病院で年度内に開始する予定-
萩原正敏 医学研究科教授、網代将彦 同特定助教らの研究グループは、同グループが開発した画期的抗ウイルス薬「FIT-039」が抗HPV作用を示し、子宮頸部異形成(CIN)の治療薬となりうることを明らかにしました。現在、FIT-039は医学部附属病院皮膚科でウイルス性疣贅(いぼ)に対して医師主導による臨床試験が進められています。さらにCINに対する治療効果を確認する治験が、同産婦人科で年度内に開始される予定です。
研究成果 HTML機械学習により「動物の行動戦略」を解読 -動物は何を報酬として行動しているのか-
本田直樹 生命科学研究科准教授、山口正一朗 情報学研究科修士課程学生(現・株式会社Preferred Networks)、石井信 同教授らの研究グループは、動物の行動データから報酬に基づく行動戦略を明らかにする機械学習法を考案し、さらに、森郁恵 名古屋大学教授らと共同で、この手法を線虫の行動へと応用することで、その有効性を示しました。
ニュースページ HTML平成30年5月18日早朝における立看板等の撤去について
研究成果 HTML1量子ビットしか使えない「弱い」量子コンピューターでも、古典コンピューターより「強い」ことを証明しました
ニュースページ HTML平成30年度本部構内定期入構許可証交付申請の受付(学外者・追加)について
イベントページ HTMLNPO法人花山星空ネットワーク 第21回講演会
研究成果 HTML内在性レトロウイルスを抑え込む普遍的な仕組み -抑制性ヒストン修飾の体細胞での機能を解明-
イベントページ HTML野生動物研究センター 創立10周年記念 公開シンポジウム「野生動物との共存を目指して」
ニュースページ HTML湊理事・副学長が、北京大学120周年記念式典に参加し、清華大学副学長を表敬訪問しました。(2018年5月3日~5日)
研究成果 HTMLお財布にも環境にもやさしい化学反応を発見 -新規リン酸化酵素がATPでなくピロリン酸を利用する仕組み-
研究成果 HTMLサンゴの白化絶滅を防ぐ新物質を発見 -海洋資源保護をめざした最新のバイオテクノロジーの成果-
イベントページ HTML第5回 京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム
「京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム(略称: KUIP)」は、京都大学主催・稲盛財団共催により、2014年から開催している国際シンポジウムです。
研究成果 HTML細胞内の狙った天然タンパク質を迅速に化学修飾する分子技術を開発 -不可逆阻害剤開発のための新しい戦略-
イベントページ HTML数理解析研究所 第40回数学入門公開講座
ニュースページ HTML宇治キャンパスで「平成30年度新任教職員及び新入院生等のための安全衛生教育」を開催しました。(2018年4月27日)
宇治キャンパスの宇治おうばくプラザ きはだホールにおいて、「平成30年度 新任教職員及び新入院生等のための安全衛生教育」を開催しました。
ニュースページ HTML平成30年5月14日深夜から同月15日未明における警察導入及び立看板持ち出しについて
ニュースページ HTML「National Geographic Grants Seminar」を開催しました。(2018年4月24日)
霊長類研究所、アフリカ学際研究拠点推進ユニット、学術研究支援室が共催し、National Geographic Grants Seminarを稲盛財団記念館の大会議室にて開催しました。
ニュースページ HTML稲葉理事・副学長がフィリピン・セブ州にて第5回 ASEAN-Japanワークショップに出席しました。(2018年4月26日)
フィリピンのセブ州にて、第5回ASEAN-JAPANワークショップが開催され、本学からは稲葉カヨ 理事・副学長が出席しました。
研究成果 HTML医薬品・医療技術の治療効果を正確に予測する統計手法を開発しました
ニュースページ HTML篠原美都 医学研究科助教が日本女性科学者の会奨励賞を受賞しました。(2018年4月27日)
ニュースページ HTML平成31年度 アジア・アフリカ地域研究研究科 学内特別選抜試験について
アジア・アフリカ地域研究研究科では、平成31年度学内特別選抜試験を実施します(アフリカ地域研究専攻とグローバル地域研究専攻のみ)。
イベントページ HTML第96回 京都大学丸の内セミナー
丸の内セミナーは、各研究所・センターで行っている最新研究に関する成果の発信、時宜を得た話題についての専門家による解説などを中心に、首都圏在住の社会人を対象とした「大人のための高度な教養講座」となっています。
ニュースページ HTML留学生ラウンジきずな「小夜姫英語落語会」を開催しました。(2018年4月26日)
研究成果 HTML強度近視の失明メカニズムに関わる遺伝子変異を発見 -失明予防法開発の第一歩-
研究成果 HTML科学と科学が出会う時 -異分野の概念どうしが学際的に融合する過程を検証-
イベントページ HTML第31回地球環境フォーラム「ムラのつながり、ムラの未来」
イベントページ HTMLEntrepreneur Candidate Club(ECC-iCAP) the place where science & entrepreneurship intersect ~科学のフロントランナーが語る未来世界 ~
起業家×研究者×技術者が京都大学のサイエンスで起業するプラットフォーム、ECC-iCAPのイベント第三弾を開催します。
イベントページ HTML平成30年度京都大学霊長類研究所犬山公開講座「サルに学ぶ」
イベントページ HTML2019年度 薬学研究科第2回入試説明会
薬学研究科では、入学説明会を実施します。
イベントページ HTMLこころの思想塾・講演会 ~今日の世界と文明を問い直す~
ニュースページ HTML生体肝移植ドナー向け検査支援アプリ「京大肝ドナー」(京都大学肝移植ドナー用オリエンテーションアプリ)をリリースしました。(5月7日)
山敷宣代 医学部附属病院助教、上本伸二 同教授、海道利実 准教授らの研究グループは、医学部附属病院において生体肝移植のドナー検査を受ける方に向けて、術前検査の理解を助けるアプリ「京大肝ドナー(京都大学肝移植ドナー用オリエンテーションアプリ)」を開発しました。
ニュースページ HTML岡山天文台 3.8m新技術望遠鏡の愛称が「せいめい望遠鏡」に決定しました。(2018年4月18日)
ニュースページ HTML「医学物理・医工計測グローバル拠点」設立記念シンポジウムを開催しました。(2018年4月11日)
イベントページ HTML第2回 創薬医学シンポジウム「オープンイノベーションから創薬へ」
ニュースページ HTML平成31年度 人間・環境学研究科修士課程学生募集について
人間・環境学研究科では、次のとおり平成31年度第1回入学試験を実施します。
研究成果 HTML月の地下に大量の氷が埋蔵されている可能性 -月隕石から氷の痕跡である「モガナイト」を発見、月で利用可能な水資源に期待-
イベントページ HTML第22回リカレント教育講座「心の教育」を考える -教師のメンタルヘルス-
ニュースページ HTML医学部附属病院で平成29年病院長賞表彰式を挙行しました。(2018年4月16日)
医学部附属病院は、病院長賞表彰式を挙行しました。今回が3回目の表彰式で、約200名の教職員が出席しました。
研究成果 HTML睡眠障害と糖尿病および高血圧との関連を実証 -世界最大級、7000人以上を調査した「ながはまコホート」資料から-
ニュースページ HTML平成31年度理学研究科修士課程および平成30年度10月入学理学研究科博士後期課程学生募集について
理学研究科では、次のとおり入学試験を実施します。
イベントページ HTML第73回 花山天体観望会 「木星とガリレオ衛星」
イベントページ HTML第13回女子中高生のための関西科学塾
イベントページ HTML夢ナビライブ2018(大阪・東京・名古屋・仙台・福岡)
夢ナビライブは、高校生・受験生のための国公立大学・私立大学合同進学ガイダンスです。京都大学も大阪・東京・名古屋・仙台・福岡で実施する5会場に出展します。
イベントページ HTML2018年著名国公私立大学・短期大学進学説明会(福岡・鹿児島)
ニュースページ HTML山極総長はじめ本学教職員及び学生が第6回HeKKSaGOn(日独6大学ネットワーク)学長会議に参加しました。(2018年4月12日、13日)
イベントページ HTMLConserv'Session Conservation Documentary Film Series/保護についてのドキュメンタリーSeries:「 Home 空から見た地球」
ニュースページ HTML平成31年度大学院経済学研究科修士課程(特別選抜)学生募集について
経済学研究科では、次のとおり入学試験を実施します。
イベントページ HTML法学研究科法曹養成専攻(法科大学院)入試説明会(京都)
イベントページ HTML法学研究科法曹養成専攻(法科大学院)入試説明会(東京)
ニュースページ HTML「第6回京都大学同窓会東京支部連絡会議および第4回交流会」が開催されました。(2018年4月19日)
学士会館において、第6回京都大学同窓会東京支部連絡会議(以下「連絡会議」)および第4回交流会が開催され、全21支部中14支部を代表する22名の会員をはじめ、徳賀芳弘 副学長、荒木茂 総長特別補佐ら関係者が参加しました。
ニュースページ HTML京都大学技術士会共催で「技術士を目指そう」第13回説明会が開催されました。(2018年4月20日)
工学研究科主催、京都大学技術士会共催で「技術士を目指そう」第13回説明会が、桂キャンパス Bクラスター 桂ホールにおいて開催され、学部生、大学院生、教職員等合わせて24名の参加がありました。
研究成果 HTML植物細胞壁中のリグニン・多糖間結合を初めて解明 -バイオマス変換法の開発や持続可能な社会の実現に貢献-
西村裕志 生存圏研究所助教、渡辺隆司 同教授、片平正人 エネルギー理工学研究所教授らの研究グループは、植物細胞壁中の芳香族高分子であるリグニンと多糖間の共有結合を初めて解明しました。
研究成果 HTML電子のスピン機能を用いて半導体デバイス中の廃熱を電気信号に再利用することに成功 -新しいグリーンテクノロジー創出への一歩-
白石誠司 工学研究科教授、安藤裕一郎 同特定准教授、山下尚人 修士課程学生(論文投稿当時)、小池勇人 TDK株式会社テーマリーダー、鈴木義茂 大阪大学教授らの共同研究グループは、電子のスピン機能を用いて、シリコン半導体デバイス中で発生する廃熱を電気信号として再利用することに世界で初めて成功しました。
研究成果 HTML神経巨大遺伝子の発現制御メカニズムの発見 -神経難病および精神疾患の病因解明と治療法開発に期待-
武内章英 医学研究科准教授、飯田慶 同特定助教、萩原正敏 同教授らの研究グループは、名古屋大学医学部、東京工業大学との共同研究で、RNA結合タンパク質「Sfpq」が、哺乳類の神経細胞で全長が100キロベースを超えるような、巨大な遺伝暗号の読み出しを制御するメカニズムを発見しました。
ニュースページ HTML附属図書館が所蔵する医学分野の貴重資料コレクション「富士川文庫」全点の電子画像を公開しました。(2018年4月26日)
京都大学図書館機構は、附属図書館が所蔵する医学分野の貴重資料コレクション「富士川文庫」全点の電子画像を、京都大学貴重資料デジタルアーカイブに公開しました。
イベントページ HTMLKyoto Transdisciplinary & Transnational Forum 2018 「無と全体の輪廻 “Circle of Emptiness and Wholeness”」
研究成果 HTMLコア共生微生物で持続可能な農業生態系を設計する -微生物叢の機能を最大化する新たな科学的戦略を提案-
東樹宏和 生態学研究センター准教授、山道真人 白眉センター特定助教(現・東京大学講師)、潮雅之 生態学研究センター連携研究員、小野田雄介 農学研究科助教らの研究グループは、5カ国(日本・オランダ・スイス・アメリカ・中国)の機関と共同で、微生物生態系を制御するために重要な「コア共生微生物」を探索する研究手法を開発しました。資源コストが低く、病害虫発生のリスクも低い農業生態系を設計していく上で、新たな科学的戦略を提供する成果です。
研究成果 HTML卵巣がんの免疫回避のメカニズムを解明 -ケモカイン阻害剤が有望な新規治療薬となる可能性を提示-
 滝真奈 医学部附属病院医員、安彦郁 医学研究科助教、馬場長 同准教授らの研究グループは、卵巣がんの免疫逃避のしくみを解明し上皮間葉移行関連遺伝子であるSnailと免疫との関係に着目し、新しい「がん免疫逃避」のしくみを初めて明らかにしました。さらに、卵巣がんが分泌するケモカインと受容体との結合を阻害する薬剤が、卵巣がんの新規免疫治療として有望である可能性も示しました。
研究成果 HTMLガスを吸って形状を記憶する柔らかい多孔質結晶の合成に成功しました
ニュースページ HTML京都大学春秋講義(平成30年度春季講義)を開催しました。(2018年4月11日、18日、23日)
京都大学春秋講義は、京都大学における学術研究活動の中で培われてきた知的資源について、広く学内外の人々と共有を図るため、1988(昭和63)年秋から開講している公開講座です。
イベントページ HTML京大天文教室 in 丸の内 2018 第2回「銀河とその進化」
今回は、太田耕司 理学研究科教授が、「銀河とその進化」と題した講演を行います。
イベントページ HTML学術情報メディアセンターセミナー 「データと思考の言語化」
研究成果 HTML光超音波トモグラフィで皮膚の精細な3D血管地図の作成に成功 -より安全かつ良質な皮弁移植術の確立を目指して-
齊藤晋 医学研究科講師、津下到 医学部附属病院特定病院助教、戸井雅和 医学研究科教授らの研究グループは、光超音波トモグラフィによる皮膚の精細な3D血管地図の作成に成功しました。
ニュースページ HTML2018年「浙江大学スプリングスクール」を実施しました。(2018年3月11日~3月24日)
平成29年度「多文化共学短期(派遣)留学プログラム」の一環として、中国・浙江大学スプリングスクールを開催しました。このスプリングスクールは、本学の協定校である浙江大学の協力のもとで行われる、中国語講座、文化体験、学生交流を重視した2週間のプログラムです。
ニュースページ HTML2018年「国立台湾大学スプリングスクール」を実施しました。(2018年3月1日~3月25日)
平成29年度「多文化共学短期(派遣)留学プログラム」の一環として、国立台湾大学主催のスプリングスクール(NTU Spring Program Chinse Language and Culture)に本学学部生・大学院生4名が参加しました。
ニュースページ HTML2018年「延世大学校スプリングスクール」を実施しました。(2018年3月4日~3月24日)
平成29年度「多文化共学短期(派遣)留学プログラム」の一環として、韓国・延世大学校スプリングスクールを開催しました。このスプリングスクールは、本学の協定校である延世大学校の協力のもとで行われ、韓国語講座、文化体験、学生交流を重視した約3週間のプログラムです。選考を経て、全学から多様な学年、専攻の9名の学生が参加しました。
研究成果 HTML原子磁石どうしが捻れて並ぶ現象のミクロな起源を解明 -新原理の情報記録技術をめざして-
ニュースページ HTML小川誠司 医学研究科教授の紫綬褒章受章が決定しました。(2018年4月28日)
ニュースページ HTML2018年春の叙勲受章者が発表されました。(2018年4月29日)
研究成果 HTML細孔空間を使って異なる分子を交互に配列 -電荷寿命1,000倍、有機太陽電池の究極構造を実現-
ニュースページ HTML複合原子力科学研究所が発足しました。(2018年4月1日)
本学は、2018年4月1日付けで「原子炉実験所」を名称変更し、「複合原子力科学研究所」として発足させました。原子力科学の研究分野を発展・成熟させ、複合原子力科学分野を主導・提供する使命を担っていることを内外に明示するとともに、引き続き、大学における研究教育活動の推進を担う研究所として、原子力の学術的・多面的利用による研究成果の社会への還元・貢献を行うよう、更なる発展を目指して参ります。
イベントページ HTML平成31(2019)年度入学者募集総合生存学館(思修館)入試説明会
イベントページ HTML留学生ラウンジ「きずな」5月イベント:竹カゴ編み教室
イベントページ HTML第60回日本老年医学会学術集会 市民公開講座
このイベントは、教育・研究の成果を広く社会に公開し、文化の向上及び地域社会への貢献に資するために実施している公開講座です。今回は「超高齢社会を上手に生きるために」をテーマとし、様々な面から3人の先生方にお話いただきます。
イベントページ HTML【在学生先行申込受付】京都大学未来フォーラム(第71回)多様化する現代コミュニティと建築空間-明日の地域社会のあり方を考える
第71回京都大学未来フォーラムは、工学研究科博士課程修了生で、京都精華大学長のウスビ・サコ氏を講師に迎え、開催します。一般の方の申し込みに先がけて、本学在学生の先行申し込みを受け付けます。
研究成果 HTMLウニ類に対する人間活動のインパクトを解明 -半世紀の長期継続調査による世界初の成果-
中野智之 フィールド科学教育研究センター助教らと、同志社大学、国立環境研究所、大阪市立自然史博物館、奈良女子大学による共同研究グループは、京都大学所有の自然保護区である和歌山県の畠島において、半世紀にわたるウニの調査・研究を行い、ウニの長期変動の傾向と、気候変動や海洋汚染といったヒトによるウニの生態系への影響を世界で初めて明らかにしました。
研究成果 HTMLがんを誘発する酵素の新たなタンパク質間相互作用を解明 -抗がん剤の新たなターゲットを発見-
ニュースページ HTML次期国際戦略本部長に河野教授を指名しました。(2018年4月24日)
研究成果 HTML絶滅危惧種の沖縄固有種のコウモリを沖縄本島で22年ぶりに発見しました
Jason Preble 情報学研究科博士課程学生、Christian Vincenot 同助教らの研究グループは、絶滅危惧種のヤンバルホオヒゲコウモリ(学名:Myotis yanbarensis)を、沖縄本島で22年ぶりに捕獲しました。
ニュースページ HTMLワイルド&ワイズ生命科学共学教育プログラムを実施しました。(2018年3月1日~19日)
ニュースページ HTML平成30年4月24日付告示第3号
ニュースページ HTML第16回京都大学若手会交流会を開催しました。(2018年3月24日)
ニュースページ HTMLSPEC(京大生チャレンジコンテスト)2018の募集について
SPECとは、京大生の挑戦を応援する新しい形の学生支援プロジェクトです。誰もやったことがないような、ユニークでおもろい企画をやりたい、自分の挑戦を皆に応援してほしい、そんな京大生の後押しをします。
研究成果 HTML大腸がん制御の新たなメカニズムを解明 -ゲノムの守護神p53の新調節因子を発見-
妹尾浩 医学研究科教授、西英一郎 滋賀医科大学教授らの研究グループは、ナルディライジンというタンパク質を抑制することで、大腸がんの発症・進展が抑制されることを明らかにしました。
イベントページ HTMLオープンラボ「ようこそ! 大学の研究室へ」
エネルギー科学研究科 エネルギー社会・環境科学専攻では、これから技術者、研究者としての道を目指す学部生の皆さんに日々のエネルギー・環境研究を知っていただく機会として、オープンラボを開催します。
イベントページ HTML理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻 ローレンツ祭2018
[1]