京都大学 - RSS feed

Hotwebsite items
最近の変更すべて...

RSS

ニュースページ HTML川添理事・副学長が北京にてBXAIサマープログラム2018閉会式に出席しました。(2018年8月23日)
ニュースページ HTML平成30年10月 日本学生支援機構【給付奨学金】「在籍報告」の提出(入力)手続きについて
ニュースページ HTML本学主催の高大連携事業「京大発見ゼミ2018」を開催しました。(2018年9月13日)
イベントページ HTML情報学研究科 知能情報学専攻 オープンラボ
情報学研究科 知能情報学専攻では、オープンラボ(研究室公開)を開催します。
研究成果 HTMLプラズマ誕生の瞬間を観測 -X線自由電子レーザー照射によるプラズマ生成機構を解明-
 永谷清信 理学研究科助教、上田潔 東北大学教授、福澤宏宣 同助教、ローレンツ・セダーバウム ドイツ・ハイデルべルグ大学教授、和田真一 広島大学助教、矢橋牧名 理化学研究所グループディレクター、登野健介 高輝度光科学研究センターチームリーダーらの研究グループは、X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAから供給される非常に強力なX線の照射によって、物質からプラズマが誕生する瞬間を捉えることに成功しました。
イベントページ HTML第31回(2018年)医学研究科人間健康科学系専攻 健康科学市民公開講座
研究成果 HTMLリボソーム自身による遺伝子発現制御の解明 -リボソームのリン酸化状態に依存した翻訳制御-
 今見考志 薬学研究科特定研究員、石濱泰 同教授の研究グループは、ドイツのマックスデリュブリック分子医学センターと共同で、これまで単にタンパク質を合成する翻訳装置として考えられていたリボソームが、自身も翻訳制御に積極的に関わることを明らかにしました。
研究成果 HTML赤ちゃんは、善悪の振る舞いをもとに、公平性を判断することが見出されました
 板倉昭二 文学研究科教授らの研究グループは、イタリア、スウェーデンの研究グループと共同で、赤ちゃんは、良いことをする者は公平に分配することを予期しており、観察する個体の善悪の振る舞いに基づいて、公平に分配するか否かを判断することを明らかにしました。
イベントページ HTML2018年度企画展・福井謙一博士生誕百年記念展示「ノーベル賞化学者を育んだ教室 -応用をやるには、基礎をやれ-」
ニュースページ HTML第46回左京自衛消防隊訓練大会に出場しました。(2018年9月12日)
第46回左京自衛消防隊訓練大会が京都市左京区の宝ヶ池公園北園で開催され、本学からは、吉田キャンパス東部自衛消防隊より屋外消火栓操法に1チーム、吉田キャンパス西部自衛消防隊より屋内消火栓操法に2チームが出場しました。
研究成果 HTML花の性別により微生物が異なることを発見 -雄花と雌花が蜜や昆虫を介して細菌や酵母に与える効果を検証-
 辻かおる 生態学研究センター研究員らの研究グループは、ヒサカキとハマヒサカキの花を調査した結果、植物の雄花と雌花では花にすむ微生物群集が異なることを明らかにしました。
イベントページ HTML京大テックフォーラム「京大薬学の最前線」
京都大学・京大オリジナル株式会社では、ライセンスや共同研究などを通じて研究成果を社会に還元することを目的に、京大テックフォーラムを開催します。
イベントページ HTML京大テックフォーラム「次世代光技術の開拓 ~テラヘルツ、赤外光技術とマテリアルズインフォマティクスの拓く光社会~」
京都大学・京大オリジナル株式会社では、ライセンスや共同研究などを通じて研究成果を社会に還元することを目的に、京大テックフォーラムを開催します。
イベントページ HTML臺灣京都大学校友聯歡晩會(同窓会in台湾)
ニュースページ HTML吉田寮自治会との話し合いについて
ニュースページ HTMLエチオピアにおける道路災害の低減に向け、共同研究協定を締結しました。(2018年9月6日)
工学研究科では、エチオピアにおける道路災害の低減に向け、在来植物を原料とした土質改良剤の開発し、農村部における対策手法を構築する研究事業が新たに立ち上げられました。
ニュースページ HTML次期基礎物理学研究所長に青木教授を再選しました。(2018年9月13日)
イベントページ HTML留学生ラウンジ「きずな」10月イベント:小夜姫英語落語会
研究成果 HTML昆虫の産卵意思決定における他者情報の活用規則を発見 -物足りないなら模倣せよ、充たされたなら革新せよ-
 大竹遼河 農学研究科修士課程学生、土畑重人 同助教は、昆虫のアズキゾウムシが産卵するときに他個体の産卵の有無を参照し、アズキゾウムシにとって魅力的な産卵場所が与えられた状況ではすでに卵がある場所を避ける一方、魅力的な産卵場所がない状況ではすでに卵がある場所を選んで産卵するという現象を発見しました。
ニュースページ HTML留学生ラウンジきずな「三味線長唄教室」を開催しました。(2018年8月30日)
8月の留学生ラウンジ「きずな」月例イベントは、毎回好評の「三味線長唄教室」を開催しました。三味線講師には、京都市国際交流会館などで活躍されていた「勘武乃の会」から先生方をお招きしました。
イベントページ HTML学術情報メディアセンターセミナー 「農林水産統計の高度利用 II 」
学術情報メディアセンターでは、各分野でご活躍の講師を招き、それぞれの研究開発活動の内容や現在抱えている課題について紹介いただき、参加者を含めて広く議論を行う機会として、月例セミナーを開催しています。
研究成果 HTML胎児脳発達や抗酸化機能を持つ野菜の開発に成功 -野菜工場へのマルチオミックス解析の展開-
 植田充美 農学研究科教授、青木航 同助教、渡辺祥 同修士課程学生(研究当時)、大谷優太 同博士課程学生らの研究グループは、三菱ケミカル株式会社と共同で、代謝工学とマルチオミックス解析を活用し、栄養価の高い新しい機能性野菜(ホウレンソウ)の開発に成功しました。
研究成果 HTML多発性硬化症の新たな病態増悪機構を解明 -TRPM2を介したケモカイン産生が神経炎症の増悪に至る好中球の浸潤を引き起こす-
 白川久志 薬学研究科准教授、金子周司 同教授、筒井真人 薬学部生(現・日本たばこ産業 研究員)、平瀬僚 同学部生(現・マルホ株式会社 研究員)、宮村咲映 同学部生らの研究グループは、多発性硬化症における新たな神経炎症および脱髄の発生・増悪メカニズムを解明しました。
ニュースページ HTML次期図書館機構長および附属図書館長に引原教授を再指名しました。(2018年9月12日)
ニュースページ HTML次期情報環境機構長に喜多教授を再指名しました。(2018年9月12日)
イベントページ HTML第6回京大天文教室 in 丸の内
今回は、理学研究科・長田哲也教授による講演「銀河とブラックホール」を開催します。
イベントページ HTML第32回 京都大学地球環境フォーラム「人とオオサンショウウオとの関わり」
オオサンショウウオは文化財として保護され有名な両生類ですが、人との関わりの歴史や生態や生活史などについては、あまり知られていません。本フォーラムでは、オオサンショウウオについて多くの観点から紹介した上で、近年明らかになった外来種との交雑問題について議論します。
イベントページ HTML文学研究科 国際連携文化越境専攻 大学院進学・申請手続説明会
ニュースページ HTML平成30年度 京都大学情報学研究科 公開講座「医学×情報学=?」を開催しました。(2018年8月11日)
ニュースページ HTML「財務報告書 Financial Report 2018」を発行しました。(2018年9月12日)
本学は国際統合報告評議会(IIRC)※が提示する「国際統合報告フレームワーク」を参考にした「財務報告書 Financial Report 2018」を発行・公開しました。
イベントページ HTML触媒・電池元素戦略研究拠点 第13回公開シンポジウム
イベントページ HTML触媒・電池元素戦略ユニット「次世代ESICBセミナー2018-2」
ニュースページ HTMLiCeMSがタイに現地運営型ラボ「スマート材料研究センター」を開設しました。(2018年8月22日)
高等研究院 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)は、タイ王国のウィタヤシリメティー科学技術大学院大学(VISTEC=ヴィステック)に現地運営型研究施設「スマート材料研究センター(Smart Materials Research Center)」を開設し、開所式および記念シンポジウムを開催しました。
イベントページ HTML福井謙一博士生誕百年記念 メモリアルシンポジウム
研究成果 HTML通常のカメラを用いた物体表層における光伝搬の可視化に成功 -可変リングライト撮像による物体表層構造の可視化手法の開発-
ニュースページ HTML【京都開催】京都大学「技術イノベーション事業化コース」受講生の募集について
ニュースページ HTML京大ベンチャー1号ファンド投資先がマザーズへの上場を承認されました。(2018年9月5日)
ニュースページ HTML百周年時計台記念館の臨時休館(2018年10月28日)について
2018年10月28日(日曜日)終日、百周年時計台記念館を、吉田地区受変電設備等定期点検整備実施(停電)のため臨時休館とします。 歴史展示室、レストラン「ラトゥール」、京都大学生活協同組合、タリーズコーヒーなど関連する施設は、すべて利用できませんので、ご了承ください
ニュースページ HTML「China-Japan-Korea SERVE Initiative 2018」を開催しました。(2018年8月4日~18日)
「China-Japan-Korea SERVE Initiative 2018」に、本学から10名の学生が参加しました。本プログラムは、2017年度に、本学と香港理工大学(中国)、北京大学(中国)、梨花女子大学(韓国)の4大学合同で本学にて第1回目が開催され、2018年度は第2回目として、中国の四川省が開催場所となりました。
研究成果 HTML個体発生過程における新しい力感知・力抵抗メカニズムを発見しました
 杉村薫 高等研究院 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定拠点准教授と井川敬介 同特定研究員は、卵から成体へ生き物が形づくられる個体発生過程における、新しい力感知(細胞が組織から受ける力の強さや方向性を感知すること)と、力抵抗(細胞が組織引張り応力に壊されることなく配置を変えること)のメカニズムを発見しました。
イベントページ HTML第11回生存圏フォーラム特別講演会「京(きょう)の生存圏科学」
ニュースページ HTML次期大学文書館長に伊藤教授を再指名しました。(2018年9月10日)
京都大学では、次期大学文書館長に伊藤 孝夫(いとう たかお) 法学研究科教授(日本法史)を再指名しました。任期は平成30年10月1日から2年間です。
イベントページ HTMLキャリアセミナー@京都
研究成果 HTMLコロブス類霊長類の甘味感覚の低下を見出しました
 今井啓雄 霊長類研究所教授、西栄美子 同博士課程学生(現・テクノプロ・R&D研究員)、橋戸南美 同研究員(現・中部大学・日本学術振興会特別研究員)、早川卓志 同特任助教、辻大和 同助教らの研究グループは、コロブス類の霊長類の甘味感覚が、苦味感覚と同様に鈍っていることを見出しました。
イベントページ HTML2018年度アフリカ地域研究資料センター公開講座「アフリカから学ぶこと: つなぐ」
ニュースページ HTML「強靱な国づくりを支える国際人育成プログラム」を実施しました。(2018年8月2日~13日)
工学研究科社会基盤工学専攻・都市社会工学専攻は、ワイルド&ワイズ共学教育受入れプログラム事業として「強靱な国づくりを支える国際人育成プログラム」を実施しました。工学研究科への短期交流学生として参加したのは、アジア工科大学、チュラロンコン大学、カセサート大学(タイ)、国立成功大学(台湾)、ヤンゴン工科大学、マンダレー工科大学(ミャンマー)、ベトナム国家大学(ベトナム)、ブラウィジャヤ大学(インドネシア)より22名です。本学の工学研究科および経営管理教育部の学生18名、関西大学からの特別聴講学生5名とあわせて総勢45名が参加し、安寧な都市を実現するための災害・健康リスクマネジメントについて学びました。
ニュースページ HTMLアセアン学生のための多文化共学短期受入れ留学プログラム2018を開催しました。(2018年7月30日~8月10日)
アジア研究教育ユニットは、ワイルド&ワイズ共学教育受入れプログラム事業の一環である「アセアン学生のための多文化共学短期受入れ留学プログラム2018」(通称「京都サマープログラム2018」)を、文学研究科・文学部、国際高等教育院と連携し実施しました
イベントページ HTML【在学生先行申込受付】京都大学未来フォーラム(第72回)パンとサーカスの危ない時代に
研究成果 HTML酸化ストレスが顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの 原因遺伝子DUX4を増加させることを発見しました
 櫻井英俊 iPS細胞研究所准教授、本田充 東京大学博士課程学生(iPS細胞研究所)らの研究グループは、顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー(FSHD)患者由来のiPS細胞から作製した骨格筋細胞を用いて、骨格筋に毒性をもたらすDUX4の発現を酸化ストレスが増加させていることを見出しました。さらに、ゲノム編集によってそのDUX4発現の増加を抑えることに成功しました。
イベントページ HTMLこころの思想塾: 日本の思想・文化、そして日本人を考える
研究成果 HTML日本固有のサルであるニホンザルのiPS細胞の作製に成功 -iPS細胞を使った霊長類の脳神経科学や進化研究への展開-
 仲井理沙子 霊長類研究所修士課程学生、今村公紀 同助教、大貫茉里 ドイツ・ルートヴィッヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン研究員らの研究グループは、iPS細胞研究所と共同で、ニホンザルの皮膚の培養細胞からiPS細胞を作製することに初めて成功しました。さらに、ニホンザルのiPS細胞を神経細胞のもとになる神経幹細胞へと選択的に分化誘導することに成功しました。
研究成果 HTML再現性良く高い光電変換効率を示すペロブスカイト太陽電池の作製手法を確立しました
 若宮淳志 化学研究所教授、ジェイウェイ・リウ 同博士研究員、尾﨑雅司 工学研究科博士課程学生、薬丸信也 同修士課程学生、金光義彦 化学研究所教授、村田靖次郎 同教授、リチャード・マーディ 同助教、佐伯昭紀 大阪大学准教授らの研究グループは、溶液の塗布によるスズ系ペロブスカイト半導体膜の作製法の改良に取り組み、均一性が高く高品質な半導体膜を得ることができる独自の成膜法を開発しました。これにより、再現性が良く高い光電変換効率を示すペロブスカイト太陽電池を作製できる手法の確立に成功しました。
研究成果 HTML絶縁体の量子振動の観測に成功 -金属でも絶縁体でもない前例のない電子状態を発見-
 佐藤雄貴 理学研究科博士課程学生、笠原裕一 同准教授、松田祐司 同教授、伊賀文俊 茨城大学教授、杉本邦久 高輝度光科学研究センター主幹研究員、河口彰吾 同研究員らの研究グループは、米国ミシガン大学、英国オックスフォード大学、米国ロスアラモス国立研究所と共同で、本来電子を流さない絶縁体であるイッテルビウム12ホウ化物(YbB12)において、強磁場中で量子力学的効果により電気抵抗と磁化率が磁場とともに振動する現象(量子振動)を初めて観測しました。
研究成果 HTMLナノスケール空間に閉じ込められた生体分子の物理的性質を実測 -狭小空間での水分子の物性の変化が与える影響を解明-
 遠藤政幸 理学研究科特定准教授、杉山弘 同教授、ハンビン・マオ ケント州立大学教授らの研究グループは、DNAによってナノスケールの立体空間を作成し、その中に、DNA構造のひとつであるi-モチーフ構造やグアニン四重鎖構造を配置することで、これらの構造体が熱力学的に極めて安定化することを見出しました。さらに、その要因が空間内での水分子の物理的な性質に影響されていることを明らかにしました。
イベントページ HTML第28回 霊長類研究所市民公開日
ニュースページ HTML京都大学基金に「福井謙一記念研究センター基金」を設置しました。
イベントページ HTML京大テックフォーラム「これからのマイクロ波エネルギー応用」
ニュースページ HTML「東アジアとドイツ学生のための多文化共学短期受入れ留学プログラム2018」を実施しました。(2018年7月30日~8月10日)
研究成果 HTML持続する悲観的な意思決定の源となる神経メカニズムを解明 -不安が頭から離れない原因とは-
 雨森賢一 白眉センター特定准教授、雨森智子 米国マサチューセッツ工科大学リサーチサイエンティスト、Ann M. Graybiel 同教授らの研究グループは、持続的で悲観的な価値判断を引き起こす脳部位を、霊長類マカクザルの尾状核(大脳基底核の線条体の一部)で同定しました。
研究成果 HTML世界初のIntelligent Image-Activated Cell Sorterを開発 -細胞画像の深層学習により高速細胞選抜を実現-
 山野隆志 生命科学研究科助教、福澤秀哉 同教授、豊川知華 同博士課程学生(日本学術振興会特別研究員)らの研究グループは、東京大学が主導するImPACTプログラム「セレンディピティの計画的創出」に参画し、細胞の高速識別・分取技術「Intelligent Image-Activated Cell Sorter」を開発しました。本技術により、希少細胞(変異株)の選抜時間が従来の約6,500分の1に短縮されました。
ニュースページ HTML【重要】 台風21号の接近に伴う構内検収所の閉鎖について
研究成果 HTML患者由来大腸がん幹細胞培養を用いた薬剤感受性試験を開発 -個別化医療の実現へ期待-
ニュースページ HTML台風の接近に伴う集中講義等の休講措置について
研究成果 HTMLカイコの生き残り戦略を解明 -植物の香り生成を操作する新規酵素発見-
研究成果 HTML神経細胞のオートファジー機能の低下と精神疾患との関連を実証 -精神疾患の新たな治療戦略の開発に期待-
研究成果 HTML日系カナダ人が示す多文化主義政策への両義的態度とその背景を解明 -多文化主義が人々を分かつとき-
イベントページ HTML第237回アフリカ地域研究会「企業が変えるアフリカ」
イベントページ HTML京都大学経済研究所シンポジウム「資本主義と倫理 -分断社会をこえて-」
研究成果 HTMLカルビンディン遺伝子の導入によりドーパミン細胞死の防御に成功 -パーキンソン病の発症・進行を抑える新たな治療法の開発に期待-
ニュースページ HTML松田祐司 理学研究科教授が、カマリン-オンネス賞を受賞しました。(2018年8月21日)
ニュースページ HTML本学卒業生の山西利和さんが、ジャカルタ2018アジア競技大会で銀メダルを獲得しました。(2018年8月29日)
ジャカルタで開催された、ジャカルタ2018アジア競技大会の男子20㎞競歩において、本学卒業生の山西利和さん(工学部卒、現愛知製鋼株式会社)が日本代表として出場し、銀メダルを獲得しました。
イベントページ HTML「環境マインドで未来を拓け」出版記念講演会
ニュースページ HTML「京都大学オープンキャンパス2018」を開催しました。(2018年8月9日・10日)
「京大を、カタチに。」をメインテーマに、オープンキャンパスを2日間開催しました。猛暑の中、今年も多くの高校生らが参加しました。
ニュースページ HTMLこころ学研究インターンシッププログラムを実施しました。(2018年7月11日~8月10日)
イベントページ HTML全分野結集型シンポジウム第二弾「学会を問う」
イベントページ HTML観光を考える定例シンポジウム(第6回)「これ以上京都に観光客は必要か? DMOの観光開発に果たす役割」
イベントページ HTML第4回 学内良縁創出プロジェクト「京大100人論文」
研究成果 HTML深層学習を用いて欠損のある海水温画像を修復する技術を開発 -深層学習技術の衛星データへの応用-
研究成果 HTML赤ちゃんは他者が視線を向けていたヒトを好む -視る・視られることの理解は発達の早期から始まっていた-
研究成果 HTML亜鉛欠乏症のメカニズムの一端を解明 -亜鉛不足はなぜ、さまざまな症状を引き起こすのか-
ニュースページ HTML「吉田寮生の安全確保についての基本方針」の実施状況について(2018年8月28日)
研究成果 HTML糖脂質ガングリオシドが脳の形成に必須であることを解明 -神経系の構築異常のモデルを提示-
研究成果 HTML慢性関節リウマチの予防・未病診断の新しい分子マーカーを発見 -トランスオミクスによる新しいエクソソーム・マイクロRNAの解析-
研究成果 HTML巻貝が「巻き」を失う進化の過程を解明 -希少なチビアシヤガイ亜科全4種の調査に成功-
イベントページ HTML公開講座平成30年度(第82回)京都大学食と農のマネジメント・セミナー 第3クラス アグリビジネス・農業食料関連組織の社会的責任(CSR)事業の創り方
研究成果 Troff document (with manpage macros)コムギのゲノム配列解読を達成 -コムギの新品種開発の基盤完成、新品種開発加速化に期待-
ニュースページ HTML第22回リカレント教育講座「「心の教育」を考える-教師のメンタルヘルス-」を開催しました。(2018年8月19日)
教育学研究科附属臨床教育実践研究センターでは、年1回、教育相談活動に携わる専門家(幼・小・中・高校教諭、養護教諭、児童養護施設関係者、心理臨床専門家等)を対象に、研修活動の一環として、リカレント教育講座を開催しています。不登校、非行、いじめ、発達障害など、現在の教育現場で大きな問題となっている現象を通じて、子どもの心や教育について深く考えることをねらいとしており、毎年、全国から熱心な教師や臨床心理士等専門家の参加を得ています。
研究成果 HTMLSNS使用と育児中のお母さんの孤独感との関連を見出しました
イベントページ HTML第76回 花山天体観望会「名月と名曲」
ニュースページ HTML工学部衛生工学科創立60周年記念セッション「未来に向けた環境工学の挑戦」を開催しました。(2018年7月27日)
ニュースページ HTML松野文俊 工学研究科教授らの開発したロボットが、西日本豪雨による岡山県半田山のがけ崩れ現場において災害対応活動を行いました。(2018年7月25日、26日)
イベントページ HTML第13回 京都大学ホームカミングデイ
イベントページ HTML「科学と音楽の出会い」京都大学×シャネル・ネクサス・ホール特別企画
ニュースページ HTML2018アムジェン・スカラーズ・ジャパン・シンポジウムを開催しました。(2018年8月2日、3日)
本シンポジウムは、米国アムジェン財団の支援により、本学および東京大学において実施するアムジェン・スカラーズ・プログラム※の一環として毎年開催しています。プログラム参加学生の学習成果発表および研究者との交流機会の提供を目的としており、今回はプログラム参加学生44名を含む約150名がシンポジウムに出席しました
研究成果 HTML半導体ナノ粒子の光吸収効率の増加メカニズムを解明 -高効率な太陽電池や光検出器へ期待-
ニュースページ HTML台風の接近に伴う集中講義等の休講措置について
ニュースページ HTML京都大学サマースクール2018「暑い夏の1日、京大生になろう!」を開催しました。(2018年8月18日)
ニュースページ HTMLチェンマイ大学研究インターンシップ生受入れプログラムを開催しました。(2018年6月1日~7月31日)
ニュースページ HTMLユネスコチェア設立記念国際シンポジウム ~水・エネルギー・防災分野における持続可能な開発~ を開催しました。(2018年7月30日、31日)
ニュースページ HTML第18回京大病院iPS細胞・再生医学研究会を開催しました。(2018年7月27日)
[1]