研修員

目的 学部、研究所等において、高度の専門的知識を有する者に、特定の事項について研修の機会を与える。
資格 高度の専門的知識を有する者
  1. 博士の学位を有する者
  2. 大学院の博士課程において、研究指導の認定を受けた者
  3. 他の大学院等で、現に教育、研究、診療等の職に従事している者で、上記1.又は2.に準ずる学力を有すると認められる者
  4. その他部局長の推薦に基づき、総長が認めた者
    (部局長会議申し合わせ)
期間 1年以内(事業年度を超えない)
特別の事情があるときは、更に1年以内に限り延長することができる。
入学料 84,600円(延長の場合を除く)
承諾通知を受け取ったのち所定の期日までに入学料納付を完了することによって研修が許可される。
研修料 月額 29,700円
所定の期日までに研修料を納めないときは、研修の許可を取り消すことがある。
手続き
  1. 下記研修申請書を受入れを希望する部局(受入研究者が所属する部局)へ提出
    申請様式:1.研修志願書(Word) 2.履歴書(Word)
  2. 裁定のうえ、部局長から本人へ許可を通知
留意事項 有職者の
受入れ
下記の確約書(Word)及び承諾書(Word)を添付すること
  1. 個人的研究のために教官の指導を受けることを希望するものである旨の本人の確約書
  2. 会社等の事業目的の追求のためにその者を研修員として派遣するものでない旨の所属長の確約書及び在職のまま研修員として研修することについて差し支えない旨の所属長の承諾書
外国人の
受入れ
パスポートの写しを添付すること