利益相反マネジメント

 本学の教職員が社会貢献を目的として行う産学連携活動や兼業、あるいは研究成果活用企業への関与は教育・研究につぐ第三の使命とも言われています。しかし、その過程で生じる利益相反の問題はそれらの活動の副作用ともいえます。

 利益相反の問題を正しく理解し、適切な関係を誘導するように、本学では利益相反マネジメントの施策の策定等を行う利益相反マネジメント委員会、および自己申告書の審査を行う利益相反審査委員会、臨床研究利益相反審査委員会を設置しています。また、委員会の事務局業務や説明会の開催、カウンセリング等の業務を行う利益相反マネジメント室も開設しています。

京都大学の利益相反ポリシーや利益相反マネジメント規程

Webサイト・Web申告