News

本学の学生が立ち上げた株式会社バイオームが、経済産業省J-Startup企業初回92社の1社として認定されました。(2018年6月11日)


2018年06月20日

  • ニュース 学部・大学院から


     産官学連携本部が実施している「技術イノベーション事業化コース(GTEP)」受講生の藤木庄五郎さん(農学研究科博士課程)が立ち上げた「株式会社バイオーム」が、経済産業省の認定する「J-Startup企業」初回92社のうち1社に選ばれました。

     J-Startupは、経済産業省がJETRO(日本貿易振興機構)、NEDO(新エネルギー・産業技術綜合開発機構)らと共同で運営するスタートアップ支援プログラムで、ユニコーン企業(評価額が10億ドル以上の非上場ベンチャー企業)や上場ベンチャー企業を2023年までに20社創出することを目標に、日本全国に約1万社存在すると言われるスタートアップの中から、有識者による評価・採点により、ロールモデルとなるスタートアップ約100社を採択し「J-Startup 企業」として認定しています。

     株式会社バイオームは、2016年度GTEP受講生の藤木さんが、同コース受講中に構想した事業アイデアを基に、源六孝典さん(農学部卒)、中嶋聖徳さん(農学研究科修了)とともに立ち上げたベンチャー企業です。生物多様性をキーワードとして、位置情報システムや画像解析技術を応用したデータ解析サービス事業と、ユーザーが出会った「いきもの」を集めて世界を冒険するコレクションアプリ事業を展開しています。

     今後も、株式会社バイオームが大きく成長することを期待しています。

    株式会社バイオームの皆さん

    技術イノベーション事業化コース(GTEP)とは

    GTEP(文部科学省EDGEプログラム)の後継プログラムで、イノベーションを興すことができる起業家人材の発掘・育成を目的とし、2016年5月より産官学連携本部(主催:イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門、共催: 京都大学イノベーションキャピタル株式会社、出資事業支援部門)が実施してるものです。技術イノベーション事業化コースは、今年度も実施しています。

    関連リンク


    本学の学生が立ち上げた株式会社バイオームが、経済産業省J-Startup企業初回92社の1社として認定されました。(2018年6月11日)
    現在の画像 JPEG image — 178 KB

    No