Events

  • その他

京都大学野生動物研究センター連続セミナー@大阪


2019年06月07日 金曜日

 野生動物研究センターは、絶滅が危惧される野生動物を研究し、その成果を生息地での保全や飼育環境の改善に役立てることを主な目的として2008年に設立されました。

 野生動物研究センター創立10周年を記念し、本学がリードしてきたワイルドライフサイエンスの成果と可能性を、最新の研究に基づきわかりやすくご紹介する連続セミナーを開催します。

 「遺伝子」、「こころ」、「行動」の視点から、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ、ニホンイヌワシ、イルカ、オオカミなど、様々な野生動物に迫ります。
  • 2019年08月21日 水曜日
  • 2019年09月25日 水曜日
  • 2019年10月30日 水曜日

19時00分~20時30分
  • その他

大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー 8階
https://www.breeze-plaza.com/access/

どなたでもご参加いただけます。

各回:100名(先着順)

プログラム

第1回 2019年8月21日(水曜日)19時00分~20時30分

「遺伝子で何がわかる? どこまでわかる?」
村山 美穂 野生動物研究センター長・教授

チンパンジーなどの性格の評定や、ニホンイヌワシの絶滅回避などに関して、遺伝子からのアプローチにより行った研究について分かりやすくご説明します。 

第2回 2019年9月25日(水曜日)19時00分~20時30分

「動物の心を探る」
平田 聡 野生動物研究センター教授

チンパンジーやボノボなど、動物の心を調べることを通して、人間の心のなりたちを考えることができます。そうした心の進化に関する研究成果についてご紹介します。 

第3回 2019年10月30日(水曜日) 19時00分~20時30分

「野生動物の行動を理解する」
幸島 司郎 野生動物研究センター教授

野生動物と共存するためには、彼らの行動や生態を理解する必要があります。氷河に住む昆虫、イルカのねむり方、ヒトやオオカミの目の研究など、ちょっと変わった研究についてご紹介します。 


【全3回 一括】
一般: 8,100円、大学院生・大学生・専門学校生: 5,400円、高校生以下: 2,700円(税込)
【各回】
一般: 3,000円、大学院生・大学生・専門学校生: 2,000円、高校生以下: 1,000円(税込)
(お支払い方法については、申し込みフォームおよび自動返信メールをご確認ください。)

以下のリンク先よりお申し込みください。


2019年08月15日 木曜日

  • 全3回一括および第1回: 2019年8月15日(木曜日)
  • 第2回: 2019年9月19日(木曜日)
  • 第3回: 2019年10月24日(木曜日)

京大オリジナル株式会社 研修講習事業部 担当: 岡田・柳本
E-mail: kensyu*kyodai-original.co.jp (*を@に変えてください)


京都大学野生動物研究センター連続セミナー@大阪
現在の画像 JPEG image — 2.64 MB

PDF document icon 野生動物セミナー@大阪_チラシ.pdf — PDF document, 3535 kB (3620846 bytes)

No