Events

  • その他

再生可能エネルギー経済学講座シンポジウム「自由化・再エネ普及の鍵を握る電力取引市場」


2017年10月13日 金曜日

※ 開催地の住所および演題を変更しました。(2017年10月17日)

 温室効果ガス削減、エネルギー自給率向上、技術革新と新たな産業育成、地域資源活用による地方創造等様々な効果を持つ再生可能エネルギーに対する期待が高まっています。今回は「電力市場」を中心に、電力自由化や再生可能エネルギーとの関わりについて解説します。
  • 2017年11月02日 木曜日

10時00分~17時30分
  • その他

一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2

どなたでも参加いただけます。

250名

9時00分~ 受付開始
10時00分~

【基調講演】

開会および基調講演: 「パリ協定実行に向けて日本がなすべきこと」
京都大学経済学研究科・地球環境学堂教授 諸富徹

10時50分~

【テーマ講演1: 電力取引市場の役割】

講演1: 「市場取引の実際と効果:欧州の取引所を主に」
エネルギー戦略研究所株式会社取締役研究所長 山家公雄
講演2: 「EU指令と欧州再生可能エネルギー政策」(演題変更)
エネルギー戦略研究所株式会社顧問、シニア・フェロー 内藤克彦

12時00分~ 昼食休憩
13時00分~

【ゲスト講演: 日本の市場取引の現状と期待】

ゲスト講演1: 「役割が広がる日本電力卸取引市場」(仮題)
一般社団法人日本卸電力取引所企画業務部長 國松亮一
ゲスト講演2: 「再エネ導入拡大に向けた系統運用の現状と今後」(仮題)
 東京電力ホールディングス株式会社系統広域連系推進室長 穴井徳成

14時20分~ 休憩
14時40分~

【特別講演】

特別講演1: 「再生可能エネルギー政策の現状と課題」
資源エネルギ-庁 省エネルギー ・新エネルギー部長 高科淳
特別講演2: 「長期展望と政策スキーム」(仮題)
エネルギー戦略研究所株式会社顧問、シニア・フェロー 加藤修一

15時40分~

【テーマ講演2 :市場革新を背景に展開が進む新ビジネス】

講演3: 「市場取引で活躍する欧州VPP事業者」
京都大学共同研究講座特定助教 中山琢夫
講演4: 「再エネ普及時代の需給調整を担う需給調整責任会社(BRP)」
エネルギー戦略研究所株式会社取締役研究部長 安田陽

16時40分~ 休憩
16時50分~

【会場からの質問への応答】

進行: 京都大学経済学研究科・地球環境学堂教授 諸富徹

17時30分~

【閉会挨拶】

エネルギー戦略研究所株式会社取締役研究所長 山家公雄


無料

2017年11月02日 木曜日

定員になり次第、締め切ります。

京都大学経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座 中山琢夫
E-mail: nakayama*econ.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)


再生可能エネルギー経済学講座シンポジウム「自由化・再エネ普及の鍵を握る電力取引市場」
現在の画像 JPEG image — 229 KB

PDF document icon poster.pdf — PDF document, 1069 kB (1094669 bytes)

No