News

第23回iCeMS国際シンポジウム「Emerging Science for Unlocking Cell’s Secrets」を開催しました。(2017年5月30日~31日)


2017年06月13日

  • ニュース 学部・大学院から

  • 企業・研究者

 高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)は、第23回iCeMS国際シンポジウム「Emerging Science for Unlocking Cell's Secrets」を吉田キャンパスのiCeMS本館で開催しました。

 同シンポジウムは物質科学と細胞生物学をテーマに6つのセッションを設けて行われました。国内外から新進気鋭の若手研究者16名が最新の研究について発表し、各講演の後には、活発な意見交換が行われました。セッションの合間にはコーヒーブレイクが設けられ、和やかな雰囲気の中、研究者らは今後の共同研究の可能性などについて語り合いました。会場には、学内外から約160名の参加者が集い、盛況となりました。

 最後に、開催委員長をつとめた鈴木淳 iCeMS教授が閉会の辞を述べ、シンポジウムは盛況のうちに締めくくられました。

左から、開会の辞を述べる北川進 iCeMS拠点長、WPIプログラムの説明をする宇川彰 WPIプログラムディレクター、閉会の挨拶で謝辞を述べる鈴木教授

参加者集合写真


第23回iCeMS国際シンポジウム「Emerging Science for Unlocking Cell’s Secrets」を開催しました。(2017年5月30日~31日)
現在の画像 JPEG image — 19 KB