学術研究支援室(URA室)

京都大学学術研究支援室(KURA)について

京都大学学術研究支援室(KURA)は、高度な専門的知識・経験を有する「リサーチ・アドミニストレーター(URA)」で構成され、外部資金獲得支援業務や研究活動の国際化、研究情報基盤の整備、産官学連携業務の支援、異分野融合研究の推進など、本学の研究力強化につながる様々な支援活動を、全学の研究支援組織や事務組織と協力して実施しています。

沿革

京都大学学術研究支援室(KURA)は、平成23年度の文部科学省「リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステム整備」事業の補助を受け発足しました。その後、平成25年度の「研究大学強化促進事業」により増員。平成28年度からKURAと各部局担当URA組織を一体化し、約40名のURAが所属しています。

ビジョン・ミッション

ビジョン

  • 全学の教職員と協働し、京都大学の卓越した知の創造活動を支援する
  • 世界トップクラスのリサーチ・アドミニストレーションの専門家集団となる

ミッション

  1. 研究者の潜在能力が十分に発揮できる研究環境の整備と研究推進支援
  2. 研究推進に資するデータ分析と情報の提供
  3. 研究活動・成果の可視化と社会還元の推進
  4. URAの活動強化に向けた人材育成と体制整備

事業内容について

  • 外部資金獲得支援
  • 研究シーズの把握と事業化につなぐ支援
  • 国際共同研究の推進
  • 大学の研究力、海外動向の調査・分析
  • 研究活動の活性化を狙うプログラムの企画・開発・運営
  • 異分野融合研究の萌芽に向けた研究者支援
  • 国民との科学・技術対話(パブリック・エンゲージメント)の推進
  • URA育成カリキュラム策定・実施

詳細情報は、京都大学学術研究支援室(KURA)のホームページをご覧ください。
http://www.kura.kyoto-u.ac.jp/