セクション

【日本学生支援機構奨学生(平成22年4月以降も貸与期間がある者)】 「奨学金継続願」の提出について

2009年12月18日

 日本学生支援機構奨学生で、平成22年4月以降も引き続き奨学金の貸与を希望する者は、必ず「奨学金継続願」のインターネット経由での提出をしなければなりません。

 インターネット入力に必要なユーザID・パスワード等を記載した書類等を交付しますので、対象者は下記の期間内に必ず受け取りに来てください。

1.対象奨学生

平成21年10月現在貸与中の者

2.書類の交付期間・場所

  • 学部1・2回生
    12月18日(金曜日)~12月25日(金曜日)
    学生センター経済担当グループ窓口
    (文学部東館2階)
    ※ 学生証を持参してください。
  • 学部3回生以上および大学院生
    所属学部・研究科の教務掛等が窓口。

    ※ 配付時期・提出期間等につきましては各教務掛等へ確認してください

※ 交付する「個人宛封筒」の中に、「奨学金継続願に提出について(ユーザID・パスワード)」・「貸与額通知書」が入っています。
※ 最終日は混雑しますので、なるべく早めに受け取りに来てください。

3.「奨学金継続願」インターネット入力期間

平成21年12月18日(金曜日)~平成22年1月22日(金曜日)
(但し、12月29日~1月3日は、入力できません。)

※ 必要書類を受け取ったら、インターネットで「奨学金継続願」の提出をしてください。

4.注意事項

  • 4月以降休学等により奨学金を休止(振込を一時ストップ)する場合も、「奨学金継続願」は〈奨学金の継続を希望します〉として、必ず提出してください。
    ⇒休学届を各所属の教務掛へ提出後、すぐに学生センターまで休止の手続に来てください。
  • 併用者(第一種・第二種奨学金を同時に貸与されている者)は、それぞれに「奨学金継続願」の提出が必要です。
  • 書類(貸与額通知書)を受け取った者で、ユーザID及びパスワードの欄が***(アスタリスク)になっている者は、「奨学金継続願」提出の必要はありませんが、奨学金の振込みを再開(復活)させる際には、「異動願」の提出が必要です。

上記期間内に提出がないと、奨学金は廃止となります。

不明な点がありましたら、学生センター経済担当グループまでお問い合わせください。

担当部署

学生センター経済担当グループ
075-753-2535