京大の「実は!」Vol.26 「京都大学の『基礎医学記念講堂・医学部資料館』の実は!」

ナビゲーション

 医学部構内にある、ひときわ目を引く淡いグリーンのレトロな建物。

 広報Bも、前を通るたびに気になって気になって、何度か中をのぞいたことも・・・。

 調べたところ、この建物は明治35年(1902年)に京都帝国大学の解剖学教室講堂として竣工された医学部系統解剖講義室(旧解剖学講堂)であると判明。京都大学保存建物にも指定されている貴重な建物なんです。

 老朽化により長い間使われないままだったこの建物が、このたび、「基礎医学記念講堂・医学部資料館」として生まれ変わった! との情報を聞きつけ、広報Bも早速行ってきましたよ!

 

「基礎医学記念講堂・医学部資料館」ってどんなところ?

 医学部系統解剖講義室(旧解剖学講堂)は、明治35年(1902年)に京都帝国大学の解剖学教室講堂として竣工された木造平屋建て(寄棟造り桟瓦葺)の建築物です。
 以前は学生の講義等にも使用されていましたが、老朽化のため近年は使用されないまま、外観だけが維持されていました。

 この建物は、旧石油化学教室の設計などをはじめ、京大の建築に多大な功績を残した山本治兵衛の設計によるもの。細部に趣のある建物であったことから、できる限り昔のままの意匠を忠実に復元しつつ、耐震を含めた改修をして、このたび資料館として生まれ変わりました。
 現在では、資料館としてだけでなく、学生の講義やさまざまな行事、公開講座などにも使用しています。(※資料館の見学は完全予約制です。詳しくはこちらから。)

基礎医学記念講堂・医学部資料館を潜入レポート!

 今回、館内を案内してくださったのは、萩原正敏 医学部資料館長(医学研究科教授)、小泉昭夫 同副館長(医学研究科教授)、そして医学研究科施設掛職員の菊本惠二さん 。医学研究科の歴史に詳しい先生方の説明付きでツアー開始です。

左から、小泉副館長、萩原館長、菊本さん

エントランス、基礎医学記念講堂(階段教室)

 エントランスを入ると、まず出迎えてくれるのが、第7代総長 荒木寅三郎先生の胸像と先生による「不失其正」の書です。

第7代総長の荒木寅三郎先生の胸像

「不失其正」とは、「常に物事の真理と本質を見極めて真摯に正しい道を進むべきである」という戒めの言葉。この書は、長らく医学部長室に飾られていたそう。

歴代の文化勲章受章者、文化功労者選出者の紹介パネル。

 

 館内を進んですぐ左手にあるのが、広く開放的な基礎医学記念講堂(階段教室)。
 この階段教室は、一般講義室として再生し、当時の面影を残しつつも、最新の機器を完備して現代的な講義機能をもたせました。
 教室をぐるりと取り囲む形で大きな窓があり、とても明るく、当時もこの窓からの眺めは最高だったとか。
 当時の雰囲気を感じられるこの教室は、卒業生だけでなく、公開講座等に参加した一般の方にもとても喜ばれるそうです。

創立当初のシャンデリアは既に撤去されなくなっていたため、人文科学研究所図書室にあったものを寄贈してもらったそう。(シャンデリアにまつわる「実は!」参照

手すりは、当時の部材を取り外して補修して再現。色もできるだけ当時に近い雰囲気を意識したそう。

大きな窓からは明るい光が差しこみ、教室全体が緑に包まれるよう。耐震工事により、今は窓に×枠がついてしまっていますが・・・。

 

医学部資料館の展示品を一部ご紹介します

 階段教室のちょうど裏側(教室下の通路だったところ)にあたるところが、医学研究科の歴史資料を展示している医学部資料館となっています。
 その展示品の一部をご紹介します!

テーブル型心電図

大正15年に神戸の洋服商「柴田音吉氏」によって寄贈された、ケンブリッジ社製の心電図。パッと見ただけでは心電図とはわからないですね・・・

当時の心電図の使用説明書。現在の心電図とはまったく違う仕組みです。

タッチパネル

このタッチパネルに映し出されている古い写真は、OBの方から寄贈してもらったもの。
当時を懐かしむOBの方も多いそうです。

 

母子像

日本での産婦人科黎明期に作られた新設の産婦人科病棟にシンボルとして飾られた貴重な母子像(芸術院会員 斉藤素厳 制作)。斉藤素厳氏といえば、実は、時計台記念館正面玄関上部に掲げられているブロンズのレリーフ「雲」も同氏作。こちらも京大を代表するシンボルの一つです。

階段教室の裏側が展示スペースに。天井は医学部年表になっており、設置されているベンチで座りながら見られるつくり。建物の構造上、部分的に天井がへこんでいるところなども、講堂ならではの風情です。

 

 資料コーナーには、貴重な書物や歴代の先生方が残したノートなど、京大の医学の歴史を物語る資料がずらり。
 現代のように、パソコンなどの便利なデジタルツールがなかった時代、教材を作る先生も、ノートをとる学生も大変だったことでしょう・・・。

解体新書(複製)

我が国医学史上最重要貴重書の一つ。解体新書が「初刷りか後刷りか?」を判断する上で手がかりとなるのが「出版元住所」。それが「室町二丁目」とあるものと「室町三丁目」とあるもの、ともに揃っているのはここだけ!(原本は医学図書館に収蔵)

野口英世学位論文(複製)

蛇毒の研究をしていた野口英世が、なぜ感染症研究の権威になったのか・・・?この論文を読めば、感染症治療に蛇毒を生かそうとしていた経緯などが読み取れるそう。(原本は附属図書館に収蔵)

当時の学生ノート

とにかくきれい!そしてものすごく細かい!ドイツ語と日本語の両方で書かれています。当時はすべて手描きゆえ、医学生は絵もうまい人が多かったそう。

 

 当時使われていた器具や薬品などが陳列する展示ケースもありました。現在ではあまり見られないものばかり。

「今では全く変わっているものもあれば、今もほとんどかたちが変わらないものもあるなあ」との小泉先生談。

液体の薬は本物が入ってます!左から、薄膜液、接着液、被膜液。

現場指紋器。今ではデジタルになっているものも、当時はこんなアナログなつくりだったのですね・・・。

 

生体肝移植用の手術器具。現在では小型化されたものも多いですが、今でも変わらぬ形状で使われているものも。すべて1点モノのオーダーメイドのため、とても貴重なものだそうです。

山中伸弥教授と高橋和利講師のディスカッションメモと資料。2005年にiPS細胞の樹立に成功した、まさにその瞬間の貴重な資料で、樹立が確認され、次の実験段階について記されています。やはり、こうしてきっちりと実験内容を残すことが大事なんですね!

 

 この不思議なかたちの石は、何かの石碑かな?・・・と思ったら、なんと実際に使われていた解剖台でした・・・。

開学以来、昭和56年まで使われていた大理石製の解剖台。病理解剖の第一例は、明治34年に病理学教室の初代教授の藤浪鑑先生の執刀で行われました。この解剖台で、藤浪先生自身はじめ、たくさんの病理学の諸先生方も実際に解剖をされたそうです。

京都大学原爆災害総合研究調査班遭難記念碑(模型)。広島への原子爆弾投下の後、診療、調査研究に赴いた調査班が、滞在先の大野陸軍病院で枕崎台風による山津波に襲われ、医学部・理学部の教官・学生11名が多くの患者と共に犠牲となりました。その冥福を祈るために、昭和45年、現地に記念碑を建立し、毎年9月には慰霊祭を行っています。

 

当時の担当者に聞きました ! 改修にまつわる、こんな「実は!」なエピソード

床下からは、でるわでるわ・・・

旧解剖学講堂は、長い間使われぬままであったこともあり、改修着工時には床下(階段下の収納スペース)からは予期せぬいろんなものが出てきたそうです。とにかく、医学部ならではのいろんなものが次々と出てきて、まずはそれらを片付けるところから・・・の波乱のスタートだったとか。
改修により、当初は物置小屋のように汚かったのが見違えるように綺麗になりました。

改修前の床下(階段下の収納スペース)はこんな状態・・・。

改修前の階段裏(現在の医学部資料館)。こちらも完全に物置状態でした。

当時の講堂床下図面

 シャンデリアの奇跡!

階段教室の電灯は、明治期はシャンデリアでしたが、その後の改修で蛍光灯になっていました。
改修するにあたり、当時の雰囲気を再現するため、何とかしてシャンデリアをつけたい!と再利用できるものを探していたところ・・・偶然のタイミングで人文科学研究所分館(東アジア人文情報学研究センター)が改修工事中で、ちょうど破棄しようとしているシャンデリアがあるという情報をキャッチ。
「とりあえず捨てずにとっておいて!」とお願いし、後日現物を見せてもらったところ・・・まさに、イメージもサイズもぴったり!数もちょうど三つ!

偶然に偶然が重なり、「これはきっと何かの巡り合わせに違いない!」・・・と思わずにいられなかった興奮エピソードも。

改修前の階段教室。電灯は蛍光灯です。

現在の階段教室。もとからここに備えつけられていたかのような一体感

イメージもサイズもぴったり!アンティークな雰囲気がとても素敵

 机と椅子へのこだわり!

改修前の机と椅子。これは確かに狭い・・・

改修前、階段教室には明治時代に作られた造り付けの机と椅子が設置されていました。昔の机は前後幅が狭く、今の学生の体格に合わない事情もあり、今回の改修を機会に作り直すことに。
そこで、まず既製品の固定机を当たってみたものの、なかなか空間の雰囲気に合うものがみつからない・・・。
昔の机には立派な木製の幕板が付いていて、これが階段教室の雰囲気を大きく決めていました。そこで、造り付けで幕板のある木製机を持つ階段教室はないかとあれこれ探していたところ、某大学に有名建築家が設計した昭和初期のもの(復元)があるという情報をキャッチ。早速見学させてもらうと、まさにイメージにぴったり! 1日がかりで寸法などを調べ上げ、写真を撮り、そのデータを設計に反映。それをもとに大工さんが手仕事で一つ一つ作り、完成したのが今の机と椅子なんだそう。このような徹底したこだわりがあってこそ、改修後の今でも当時の雰囲気が息づいているのですね!

外壁の色にまつわる、あわやのエピソード

改修前の外壁。たしかに、真っ白です・・・

改修着手当時、旧解剖学講堂の外壁の色は、色でいうと「白」だったそう(写真)。
ところが、当時を知る先生方から「創立当初の色は、白ではなく、淡いグリーンだった!」との証言があり、早速検証開始。
古い写真は残っているものの、モノクロ写真しかなく、色まではわからない・・・。

何とかして、当時の色がわからないものか・・・。
外壁は繰り返しの塗り替えで、当時の色が残っている部分はほとんどなかったのですが、建物中をくまなく調べたところ、軒裏の板と板の間に塗り替えられず当時のまま残っていた「淡いグリーン」の部分を発見! その色を頼りに、何パターンかのサンプルを制作し、医学部長はじめ当時を知る先生方にジャッジをしてもらい「これだ!」と決まったのが今の色。
証言がなかったら、今頃は真っ白な建物になってたかもしれません・・・。

 

 「基礎医学記念講堂・医学部資料館」の「実は!」、いかがでしたか?

 ぜひみなさんも、京大の医学の歴史に触れに足を運んでみてくださいね!

さらに今なら、総合博物館でこんな企画展もやっています!

京都大学総合博物館企画展「医は意なり -命をまもる 知のあゆみ-」

医学を志す人たちに長く受け継がれている言葉、「医は意なり」。この言葉の中心には「医の使命はただ一つ、病気になった人を直すこと」という真摯な気持ちがあります。今回の医学史展では、現代につながる江戸時代以降の医の発展に尽くした先人たちについて、関西に重点をおきつつ紹介するほか、最先端医学についても紹介し、全体として「命をまもる知のあゆみ」を皆さんと一緒に学びます。

  • 開催日: 開催中~4月12日(日)(休館日:月曜日・火曜日)
  • 会場: 京都大学総合博物館(9:30~16:30(入館は16:00まで))

 

京都大学総合博物館ホームページ
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/

利用案内など、詳しくはこちら

京都大学医学部 医学部資料館

http://www.med.kyoto-u.ac.jp/shiryoukan/

閲覧にあたってのご注意

 閲覧環境によっては、画像や文字が崩れる可能性もあります。その場合は、お手数ですが閲覧環境を変えてご覧いただきますようお願いいたします。