留学生のための就職情報

English

京都大学国際高等教育院附属日本語・日本文化教育センターのビジネス日本語講座

日本での就職を希望する留学生を対象に、日本の会社で働くために必要な日本語のスキルやビジネスマナー等の修得を目指します。

前期(春季)講義は4月から7月、後期(秋季)講義は10月から1月まで行われます。授業案内と受講申請は、年2回、3月と9月の下旬に、「京都大学国際高等教育院附属日本語・日本文化教育センターの日本語教育(外部リンク)」サイトで閲覧・登録できます。授業案内は学部・研究科等事務室と国際教育交流課でも配付しますが、事務室の窓口では申請登録することはできません。2014年春学期より、申請方法が変更になり、申請は日本語・日本文化教育センターのサイト上でのみ受け付けとなりますので、注意してください。

京都大学学生総合支援センターキャリアサポートルーム

全学の学生のキャリア・就職支援として、各種情報提供や相談対応などを行っています。留学生向けの就職情報も、随時紹介しています。

京都大学学生総合支援センターキャリアサポートルーム(外部リンク)
利用時間
月曜日~金曜日 9時00分~17時00分(祝日を除く)

外国人留学生のための就職ガイダンス&ジョブフェア

毎年6月頃、日本での就職を望む留学生支援を目的とした、「就職ガイダンス&ジョブフェア」が実施されます。

例年、国内採用予定の企業が会社概要を説明するブースが設置されます。

学外の就職相談機関一覧

外国人雇用サービスセンター

日本学生支援機構(JASSO)

日本学生支援機構(JASSO)(外部リンク)

京都ジョブパーク

厚生労働省職業安定局外国人雇用対策課

「日本で就職しようとする留学生の皆さんへ」(外部リンク)

 卒業後の就労に関する在留資格変更手続

留学生が卒業後も引き続き日本に在住する場合は、すみやかに在留資格を変更してください。在留資格以外の活動を行う者は処罰の対象となります。

「留学」から各種の在留資格に変更する場合、手続きは原則として本人が最寄りの入国管理局へ出向いて行う必要があります。変更に際して必要な書類は、自分で用意するもの、大学または就職先からもらうものなどがあります。在留資格に関わる必要書類などの情報は法務省のウェブサイト(外部リンク)で確認し、詳しい情報は入国管理局(外部リンク)に問い合わせてください。

卒業後日本において就職するとき

現在の「留学」の在留資格を「人文知識・国際業務」、「技術」など就労可能な在留資格へ変更することが必要です。変更する在留資格によって、必要書類は異なります。

卒業後日本において就職活動を行うとき

「特定活動」へ在留資格を変更する必要があります。この在留資格で、6ヶ月間、または更新手続きにより最長1年間は日本に滞在し、就職活動を行うことができます。