交換留学Q&A

 留学に興味を持った時点で、国際教育交流課を訪れるなり、メールなりで相談してください。毎年、友達同士の不確かな話やうわさなどの誤った情報で、学内応募の時期を逃している方がいます。まずは国際教育交流課で正しい情報を確認してください。

 具体的な派遣先や、応募の時期は個人の事情によって異なります。また、冊子には載せられない時々刻々変化する情報もありますのでぜひ国際教育交流課に質問・相談に来てください。

【質問・相談先】
国際教育交流課
E-mail: ryuga-exchange*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください)

Q. 交換留学とは何ですか?

 国際交流を促進するために、学生交流協定に基づいて、互いに学生を留学させあうシステムのことです。京都大学に在籍しつつ、1年以内の1学期または複数学期のあいだ、京都大学が協定を結んでいる海外の大学に学位取得を目的としない留学をし、教育を受けて単位修得し、または研究指導を受けるものです。

 この交換留学は、本学と協定校間との契約に基づいて過去の学生たちが築き上げてきた信頼関係の上に成り立つものですから、留学が決まった学生は、京都大学の代表として交換留学生に選ばれたという自覚を持って留学期間を過ごしてください。

Q. 交流協定とは何ですか?

 交流協定とは、協定校間の研究者・学生・学術資料などの交流・交換を奨励しようという約束です。この交流協定には、一般的に学術交流協定と学生交流協定の2 種類があります。

 学術交流協定は、(1)学術資料、刊行物および情報の交換、(2)教員・研究者の交流、(3)学生の交流、(4)共同研究や研究集会の実施などを総合的に推進するために締結するものです。

 学生交流協定は、学生の交流(交換留学)についての具体的内容を取り決めるものです。この学生交流協定を「授業料等を不徴収とする大学間学生交流協定」と呼び、(1)在籍する大学に授業料を納めることにより派遣先大学での授業料等が免除されること、(2)協定校で修得した単位の一部を在籍する大学で修得したものとして認める単位互換などについての取り決めをしています。

 また、大学同士で締結される大学間交流協定の他に、部局同士で締結される部局間交流協定があります。部局間交流協定による留学に関しては、所属の学部・研究科事務室に問い合わせてください。

Q. 交換留学の準備にはどのくらいの期間がかかりますか?

 交換留学を希望する学生は、留学を希望する1年ほど前に行われる学内選考に、所属の学部・研究科を通じて申請書(日本語)を提出することが必要です。語学力を身につけるための語学留学とは異なり、交換留学では、基本的に本学での専攻に関連した科目を履修し、または研究指導を受けます。そのため応募者は、協定校が提供する資料の中から、自分の専攻領域に合ったプログラムや履修したい講義を持つ大学を事前に調べてから、学内選考用の書類を提出する必要があります。

 交換留学は、年度により募集日程および協定校に多少変更がありますが、毎年、2月頃に翌年1月~12月出発者、7月頃に翌年7月~12月出発者(派遣枠の余った大学)の2次募集を行います。応募書類、募集締め切り等の詳細は、所属の学部・大学院事務室(教務担当掛等)に必ず問い合わせてください。

 学内選考を通過した学生は、その後、留学希望先の大学の願書に加えて、推薦状、留学目的、研究予定等を記した書類を提出することになります。必要書類、願書締め切り時期、結果発表の時期等は、派遣先大学により異なります。それぞれの大学への出願書類、提出期限等の詳細は、学内選考通過後、国際教育交流課の交換留学交換留学担当者からメールで案内があります。

Q. 語学力・学力はどのくらい必要ですか?

 留学生活を円滑に過ごすための必要最低限の語学力は、渡航前から必要ですし、また留学すれば自然と語学力が高まるというものでは決してありません。日本の学校へ進学する場合と同様、留学にも一定以上の学力が必要です。1回生の時から十分な準備をし、派遣留学交換留学の応募書類提出時には、基準を満たしているようにしてください。

 英語圏への留学のための語学力証明書にはTOEFL、IELTSが使われることが一般的です。協定校により必要語学の基準点が異なりますので、冊子「海外留学の手引き」掲載の大学間交流協定一覧で確認してください。

 非英語圏への留学についても、派遣先の大学における専攻内容によって多少の差はありますが、日常生活で、読む・聞く・話す・書くことができ、教育のため授業の聴講および研究指導を受けることのできる程度の力は最低限必要です。

Q. 現在持っている英語のスコアが、派遣希望大学の要求点数に足りていないのですが?

 学内選考で推薦決定後、実際の出願までに再受験し、要求点数を満たすことを想定して、学内選考では希望先大学の設定する必要語学力の85%(豪州・NZの大学は100%)以上の得点で、かつ最低iBT68点以上、IELTSの場合は5.5以上を取得していることを学内応募の必須条件としています。また、同じ大学でも学部によって要求点数が異なるところもありますので、国際教育交流課に相談してください。

Q. 複数の大学に応募できますか?

 1募集期に第2希望まで挙げることができ、過去の募集において学内選考で選外となった学生も応募することができます。また、一度交換留学を経験した人が再度交換留学に応募することも可能です。

Q. 大学の情報・資料はどこで入手できますか?

 協定校から定期的に送られてくる資料は、留学生ラウンジ「きずな」に保存してありますので、自由に閲覧できます。そこにないものは、各校のWebサイトで確認してください。Webサイトでは、最新の情報を閲覧することができます。

Q. 交換留学先で修得した単位は、京都大学で認定されますか?

 協定校で修得した単位を本学で修得した単位として認める単位認定制度があります。これは、学部・研究科によって「単位認定の手続き」および「単位認定可能な科目」などが異なりますので、必ず、留学前から、所属学部・研究科の教務担当掛に尋ね、相談してください。また、留学先大学で履修する科目等については、指導教員と相談することが大切です。

Q. 交換留学するための奨学金はありますか?

 協定校への派遣留学交換留学生を対象とした奨学金として、次の奨学金・助成金制度があります。

  • 独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)の海外留学支援制度(短期派遣)
    奨学金 月額60,000~100,000 円
    ※ 京都大学から申請し、支援・助成が決定した場合、派遣留学交換留学が決定した学生のなかから選考されます。

 また、官民協働で取り組む海外留学支援制度「トビタテ! 留学JAPAN 日本代表プログラム」が2014年から開始されました。詳しくはWebサイトを参照してください。上記以外にもJASSOの海外留学支援サイトに様々な奨学金が紹介されていますので、参照してください。

 京都大学Webサイトにも「海外へ留学する京大生向け奨学金」のページがあります。