News

留学生ラウンジきずな「小夜姫英語落語会」を開催しました。(2019年4月15日)


2019年05月10日

  • ニュース 大学から


     留学生ラウンジ「きずな」では、4月のイベントとして例年好評の「小夜姫英語落語会」を開催しました。

     始めに、毎回講師としてお招きしている英語落語家の小夜姫さんより、三百年以上続く落語の歴史や身振り手振り、小道具(扇子や手ぬぐい)の使い方、落語の決まりごと、そして肝心な話の「オチ」の面白さについてなど、デモンストレーションを交えながらの分かり易い解説がありました。今回は豊富な映像資料もあり、より一層、落語の知識を深めることの出来る導入となっていました。

     その後は、落語公演が行われました。前半は蕎麦屋との掛け合いが愉快な「時そば」、次は打って変わって怪談要素たっぷりの「死神」の2つの演目が上演されました。どちらも、欲を出しすぎて人を騙そうとすると失敗するという教訓をユーモラスに伝える内容となっており、母国語も文化的背景も様々な参加者たちが皆で鑑賞し楽しく笑うことで、国境を越えて会場が一つになりました。

     演目後は、こちらも恒例のワークショップを行い、参加者たちはペアワークで小咄を練習し、高座に上がって落語を披露しました。

     今回のイベントも日本の代表的な伝統芸能である落語について学びながら、参加者同士が交流するとても良い機会となりました。

    落語の歴史について講義を受ける様子

    ペアワークで落語を練習する参加者たち

    蕎麦を食べる動きを練習する様子

    みんなで集合写真

    関連リンク


    留学生ラウンジきずな「小夜姫英語落語会」を開催しました。(2019年4月15日)
    現在の画像 JPEG image — 102 KB

    No