News

留学生ラウンジきずな「小夜姫英語落語会」を開催しました。(2018年4月26日)


2018年05月14日

  • ニュース 学部・大学院から

  • 在学生

 留学生ラウンジ「きずな」では、4月のイベントとして毎年好評の「小夜姫英語落語会」を開催しました。

 英語落語家の小夜姫さんに、まずは落語の成り立ちや身振り手振り、小道具(扇子と手ぬぐい)の使い方、そして肝心な話の「オチ」の面白さについてなど、デモンストレーションを交えながら分かり易く解説していただきました。

 その後は、実際の落語公演が行われ、患者と医師の掛け合いがコミカルな「犬の目」と、有名な怪談に笑いをちりばめた「皿屋敷」の二つの演目を鑑賞しました。母国語も文化的背景も様々な参加者たちが楽しく笑うことで、国境を越えて会場が一つになりました。

 公演の後は恒例のワークショップが開催されました。参加者たちもペアワークで小咄を練習し、そして実際に憧れの高座に上がって披露するなど、大変盛り上がり、充実したイベントとなりました。

 今回のイベントも日本の代表的な伝統芸能である落語について学びながら、参加者同士が交流できるとても良い機会となりました。

英語落語を鑑賞する参加者の様子

ペアワークで落語を練習する参加者たち

高座に上がり小咄を披露する様子

みんなで集合写真

関連リンク


留学生ラウンジきずな「小夜姫英語落語会」を開催しました。(2018年4月26日)
現在の画像 JPEG image — 98 KB

No