News

第12回ユニバーシティ・アドミニストレーターズ・ワークショップを開催しました。 (2017年2月8日、9日)


2017年03月06日

  • トピックス 大学の動き


     「第12回ユニバーシティ・アドミニストレーターズ・ワークショップ(UAW)」を、百周年時計台記念館にて開催しました。

     今回で12年目を迎える本ワークショップは、国際交流基盤の充実を図ることを目的に、本学と交流のある環太平洋地域の交流協定校の他、国際大学連合加盟校、スーパーグローバル大学創生支援採択校等から国際交流実務担当者らが集い、国際交流に関する共通の課題に対し、報告・討論を通じて、相互理解を深める貴重な機会となっています。

     2017年は統一テーマとして「持続可能な学内外リレーションシップの強化」を掲げ、海外から28大学、国内から5大学、本学関係者を含め100名の参加がありました。

     ワークショップは三橋紫 国際戦略本部副本部長の司会・進行により始まり、稲葉 カヨ 理事・副学長による歓迎の挨拶に続いて、三つのサブテーマによるポスターセッションを、米国UCDavis校のBeardsley Karen 国際交流プログラム・特別プロジェクト部門長、本学の今羽右左デイヴィッド甫 企画情報部広報課国際広報室長および三橋紫副本部長ら3名のファシリテーターのもとに開催しました。

     その後、フェルナンド・パラシオ 国際戦略本部特定講師による特別講演「Institutional Learning: Keeping Records and Sharing Lessons to Improve Accountability and Performance」、グループワークと発表、優秀ポスター投票を行い、活発な交流や討論が繰り広げられました。

    統一テーマとサブテーマ

    統一テーマ Building Sustainable Relationships: Developing and MaintainingEffective Internal and External Communication
    (持続可能な学内外リレーションシップの強化)

    サブテーマA

    Enhancing Global Presence through International PR
    (大学のプレゼンス向上のための海外広報活動)
    サブテーマB The Role of Administrative Staff in Assisting Students with Difficulties
    (困難を抱える学生に対して大学職員が果たすことの出来る役割)
    サブテーマC Effective Internal Communication among University Staff Working on International Activities
    (国際活動を行う上での、大学職員間の効果的な学内コミュニケーション)

    三橋副本部長による司会進行

    稲葉理事・副学長による開会の挨拶

    フェルナンド特定講師による特別講演

    参加者によるグループワークの様子

    グループワーク発表の様子

    関連リンク


    第12回ユニバーシティ・アドミニストレーターズ・ワークショップを開催しました。 (2017年2月8日、9日)
    現在の画像 JPEG image — 26 KB