News

本学はドイツ学術交流会と日本で初めて「国連の持続可能な開発目標」を共通目標に掲げたマッチングファンドプログラムを開始しました。(2018年6月14日)


2018年06月14日

  • トピックス 大学の動き

  • 企業・研究者

 本学の山極寿一 総長とドイツ学術交流会(DAAD)のドロテア・リューランド 事務局長は、2018年4月17日付で「国連の持続可能な開発目標(SDGs)」達成を推進しようとする若手研究者の研究交流促進を図るマッチングファンドプログラム設立に署名し、2018年6月14日より若手研究者の公募を開始しました。これは、同ファンドを用いて志の高い若手研究者の流動性を向上させ、日独を中心とするSDGs達成に資する、未来につながる科学技術協力体制の構築を目指すものです。

 海外のファンディング機関とSDGsを共通の上位目標に掲げたマッチングファンドプログラムを実施するのは、本件が日本の大学・学術研究機関・ファンディング機関の中で初めての事例となります。

 SDGsの達成推進は、とりわけ世界の学術・科学技術を牽引する日独両国にとって社会的な責任であり、両国政府も各種政策に掲げて積極的に取り組んでいるところです。これをきっかけに日本の他の大学へも本プログラムを展開・拡大していくことを将来展望として掲げており、世界トップレベルの大学として本学が国際共同研究の次世代ハブとなり、頭脳循環を加速させる責を担うことを標榜しています。

 なお、公募についての詳細は関連リンクをご覧ください。

関連リンク


現在の画像 JPEG image — 56 KB

No