News

米国にて京都大学-UCLA合同国際シンポジウム「物理学の進展と医学応用」を開催しました。(2018年11月15日~16日)


2018年12月06日

  • トピックス 大学の動き

  • 企業・研究者

 高等研究院 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)は、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて、京都大学-UCLA合同国際シンポジウム「物理学の進展と医学応用(物理学、ナノ材料科学のバイオ、医療応用)」を開催しました。

 iCeMSは「物質」と「細胞」の融合研究をテーマとした研究拠点として、分野・領域を超えて研究を続けています。2010年にUCLAのカリフォルニア・ナノシステム研究所 (CNSI)と学術交流協定を締結し、2017年からは、京都大学-UCLA間のクロスアポイントメント契約となった玉野井冬彦 iCeMS特定教授を軸として両校間の連携が一層発展、今回のシンポジウムは、両校の協力体制の多様化と強化を図るとともに、「融合研究」をテーマに「物理学・ナノ材料・がん研究」という、新たな学際研究への発展に寄与することを目的として開催しました。

 本学からは、河野泰之 副学長(国際戦略担当)・国際戦略本部長、北川進 高等研究院特別教授・iCeMS拠点長をはじめ、教職員13名が参加しました。カリフォルニア大学からは、スコット・ワー  UCLAプロボスト・副学長、ジェフ・ミラー  CNSI研究所長をはじめ、UCLA、UC Irvineから 23名の研究者が講演者およびセッションチェアとして参加しました。

 2日間にわたるシンポジウムでは、ナノ材料の合成化学、物理学や生物学、ナノ材料の応用(がんおよび感染症、脳神経イメージング、生物活性気体のコントロール)、バイオインタフェースとしてのナノ材料、高分子と生物学などを切り口に、8つのセッションを行い、世界の第一線で活躍する研究者ら24名が発表を行いました。両校および学外機関から180名を超える参加者を得て、異なる分野の研究者が一同に介して最新の研究成果を共有し議論を交わす機会となりました。また、田宮徹 日本学術振興会(JSPS)サンフランシスコ研究連絡センター長にもご参加いただき、米国と日本の学術交流推進について歓迎と激励の言葉をいただきました。

 このシンポジウムは、研究成果を共有するだけでなく人的交流の機会ともなり、両大学の交流をさらに深化させるうえで非常に有意義なものとなりました。また、ロジャー・ワキモト UCLA研究担当副学長、シンディ・ファン UCLA国際担当副学長とも、今後の両校の研究連携について意見を交わすことができました。将来的には第2回の合同シンポジウム、また更なるステップも見据えて、両校の研究連携を一層促進していきます。

挨拶をするワープロボスト・副学長

挨拶をする河野副学長

挨拶をするミラー研究所長

挨拶をする田宮センター長

北川拠点長による研究発表

玉野井教授による研究発表

CNSI(シンポジウム会場)

シンポジウム会場内の様子

本学からのシンポジウム参加者

関連リンク


米国にて京都大学-UCLA合同国際シンポジウム「物理学の進展と医学応用」を開催しました。(2018年11月15日~16日)
現在の画像 JPEG image — 106 KB

No