News

京都-インドネシア・ボゴールの留学フェアを開催しました。(2018年11月30日)


2019年01月11日

  • ニュース 大学から

  • 一般・地域

 地球環境学堂はインドネシア・ボゴール農業大学と共催で、本学への留学に関心がある高校生を対象に留学フェアを開催しました。 本留学フェアは、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)、在インドネシア日本国大使館の協力のもと開催され、本学やボゴール農業大学の紹介や個別説明などを行い、200名の参加がありました。

 本留学フェアは山極壽一 総長のウェルカムスピーチではじまり、続いてJASSOから日本学生支援機構奨学金、在インドネシア日本国大使館から文部科学省奨学金についてそれぞれ説明がありました。 また本学国際教育交流課も本学で学ぶ魅力やプログラムについての紹介を行いました。続いて学部進学者を対象としたプログラムとして、国際高等教育院がKyoto iUPを、工学部がInternational Course Program in Civil Engineeringをそれぞれ紹介し、地球環境学堂、農学研究科、工学研究科、人間・環境学研究科、アジア・アフリカ地域研究研究科がそれぞれの大学院におけるプログラムの特徴について説明を行いました。 またボゴール農業大学も、学部および大学院プログラムの紹介を行いました。

 プレゼンテーションの最後には、京都大学のグッズ等が当たる抽選会が実施され、Dase Hunaefi ボゴール農業大学国際プログラム事務局 副局長 、Ernan Rustiadi 同教育プログラム部長、稲葉カヨ 理事・副学長がくじを引くなど大いに盛り上がりました。 また、同個別説明のブースでは、学生と教職員の間で活発な質疑応答が交わされ、フェアは盛況のうちに終了しました。

プログラム紹介の様子

ブースでの個別説明


京都-インドネシア・ボゴールの留学フェアを開催しました。(2018年11月30日)
現在の画像 JPEG image — 171 KB

No