チューター制度

English

 留学生の専攻分野に関連する専攻の大学院生等が、留学生の学習・研究・日常生活に関する助言・協力を行う制度です。この制度の対象者は、原則として学部学生・大学院生・一部の研究生等で、指導教員がチューターによる個別の指導を必要と認めた者に限られます。対象期間は、大学院生が渡日後最初の1年間、学部学生が入学後最初の2年間となっています。ただし、国際交流センターに在籍して日本語予備教育を受ける文部科学省奨学金留学生の場合には、基本的に日本語予備教育終了後になります。

 なお、研究や日常生活などのうち、何に重点を置いてチューターに助言・協力をしてもらうのかは、留学生個人の必要性によって異なりますので、指導教員等とよく相談してください。この他、詳細は、所属学部・大学院研究科の事務室に問い合わせてください。

関連リンク