防犯・防災

English

緊急連絡先(通話無料 24時間)

警察(盗難・犯罪) 110番
消防署(火事・救急車) 119番

※ 京都市では、日本語が話せない外国人居住者や観光客が消防車や救急車をよぶために119番通報すると、通訳(英語、中国語、韓国・朝鮮語、スペイン語、ポルトガル語の5ヶ国語)が対応することができます。

京都市消防局(外部リンク)

外出・就寝時の心得

  • 外出や就寝時には、戸締り、電気、ガス、冬季の暖房の火の元(アイロン、台所のコンロ、暖房器具)などを点検する。

盗難・紛失

  • 盗難にあったら、110番(警察)に通報する。
  • 預金通帳やキャッシュカード、クレジットカードなどを紛失したり盗まれたりしたら、発行した金融機関にすぐに支払停止を申請する。また警察にも届け出る。
  • 警察では、遺失届・盗難届証明書を発行します。この証明書は在留カード(外国人登録証明書)やパスポートの再発行手続の際等に必要となる場合があります。

交通事故

  • 小さな事故でも、すぐに110番(警察)に連絡する。
  • 負傷者がいる時は、119番(消防署)に電話して救急車を呼び病院へ運ぶ。
  • 外傷がなくても、後日に後遺症がでることもあるので、必ず病院で診察を受ける。
  • 事故の相手の名前・住所・電話番号・年齢・運転免許証番号・自動車の車両番号・加入している保険会社・保険内容を確認する。
  • 目撃者がいる場合は、その人の名前・住所・電話番号も聞く。
京都府交通事故相談所(外部リンク) (日本語のみ)
Tel: 075-414-4274

地震・台風などの自然災害への防災対策

  • 台風や大雨等の自然現象が原因で災害が生じる恐れのある場合、気象庁では防災気象情報を発表し警戒を呼び掛けます(例「注意報」、「警報」、「特別警報」など)。これらの発表は下記の気象庁ウェブサイトの他、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて確認できます。
  • 避難時の通路には荷物を置かない。
  • 睡眠中に頭に物が落ちてこないように家具を配置し、転倒防止のために固定する。
  • 非常のための食料品、飲料水、携帯ラジオ、懐中電灯、ろうそく、マッチ、救急医薬品等を準備しておく。
  • 避難場所や、はぐれたときの集合場所を、家族みんなで決めておく。小学校の運動場などが避難場所によく使われている。
  • 避難場所や火事が起きた場所に関する質問は、消防の相談電話(075-231-5000:日本語)に問い合せる。

気象庁(外部リンク)

被災したら

  • すぐにガスなどの火元を消す。
  • ラジオやテレビから、正しい情報を入手する。関西の主な都市(大阪・京都・神戸など)では、外国語ラジオ放送FMCocolo(76.5MHz)で、災害が起きたときの緊急放送などを聞くことができます(アジアの言葉を中心に17カ国語)。 
  • 「徒歩で、荷物を最小限にして」避難する。
  • 自宅へ戻れない場合は、自分の国の在日大使館(領事館)と所属の学部・研究科等に連絡し、大学、大使館(領事館)の援助や家族からの問い合せに備える。 

京都府国際センター「生活情報 緊急時・災害」(外部リンク)

FM Cocolo(外部リンク)

日本国外務省「駐日外国公館」(外部リンク)

関連リンク