SEND(Student Exchange - Nippon Discovery)プログラム

 SENDプログラムとは、日本とASEANを始めとする世界各地との架け橋となるエキスパート人材の育成を目指す事業です。派遣学生は現地の言語や文化を学習するとともに、日本語指導支援や日本文化の紹介活動を行います。これらの活動を通じて、海外の学生に日本への関心を強めてもらうと同時に、世界に雄飛する日本として誇れる人材の育成を目指し、次世代における相互の信頼感を醸成することを主たる目的としています。

 2014年度は、「大学の世界展開力強化事業 -ASEAN諸国等との大学間交流形成支援- 「開かれたASEAN+6」による日本再発見 -SENDを核とした国際連携人材育成」およびJASSO奨学金(重点政策枠)の支援を受けて行っています。

2015年度実施プログラム一覧

2016年2月1日現在

プログラム・内容 留学先 留学期間 対象者 単位認定 協力部局 関連リンク
タイ語・文化学習・文化体験・学生交流・学外研修・発表討論 チュラロンコーン大学(タイ) 約2週間(2015年9月上旬~9月中旬) 学部生・
修士課程学生※
文学部/文学研究科のみ

文学部・文学研究科の多言語多文化科目「タイ研修」(前期集中)に充当されることがある
京都大学アジア研究教育ユニット

国際交流センター
ベトナム語・文化学習・文化体験・学生交流・学外研修・発表討論 ベトナム社会科学院・ハノイ国家大学(ベトナム) 約2週間(2015年9月中旬~9月下旬) 学部生・
修士課程学生※
文学部/文学研究科のみ

文学部・文学研究科の多言語多文化科目「ベトナム研修」(前期集中)に充当されることがある
京都大学アジア研究教育ユニット

国際交流センター

※ 文学研究科、教育学研究科、経済学研究科、農学研究科、アジア・アフリカ地域研究研究科、経営管理研究部に所属する者を優先します。

2015年度実施報告