京都で学べる英語の授業

    KCJS/SJC講義の受講

     KCJS(Kyoto Consortium for Japanese Studies)/SJC(Stanford Japan Center)英語講義の受講制度は、米国の高等教育機関が京都で提供する英語講義を、 米国大学生と共に受講する制度です。毎学期、募集・選考が行われ、各クラスに2~3名の京都大学の学生が講義に参加します。京都大学受講生にも米国の学生 と同様の課題が課せられ、英文レポートや英語での討論が求められます。本講義には京都大学から単位が付与される場合があります。京都に居ながら、米国の トップスクールへ留学したのと同じような環境を経験できる制度です。

    英語で学ぶ教養・共通教育

     京都大学では、大学改革の一環として、今まで以上に大学の国際化に取り組むこととしています。国際高等教育院において、英語による授業を増加させることで、留学生が英語で授業を受けることのできる環境を整備するとともに、日本人学生に在学中の留学を促す刺激にしたいと考えています。