留学先での住居

 派遣留学の場合は、原則として、申請をすれば協定校の宿舎に入居が可能です。

 派遣留学以外の場合、留学先での住居は、できるだけ早くから準備を行う必要があります。多くの大学は学生のための住居を用意していますが、その数は限定されており、早めに申し込むことが必要です。具体的な手続きは各大学が発行する留学要項に掲載されています。

 入学許可と同時に住居申請方法の指示がある場合や、出願時に住居申請をする場合等、留学先によりいろいろですが、留学先の要項・指示に従い、早めに申請することが大切です。また、明確な情報や指示がない場合は、自分から積極的に問い合わせましょう。