留学の目的・種類

留学の目的

 何事をするにも目的というものがあります。留学は学生時代における大きな出来事となります。何のために留学するのか、それをよく考えておく必要があります。海外へ行ってみたい、というのは大事な気持ちですが、せっかく留学するのであれば、それをどう生かすかを考えることこそが大切です。そこで、準備と並行して、自分が何故海外へ行きたいのか、何を成し遂げたいのかをよく考えておきましょう。

 留学には様々な目的があり、その目的にそって留学の仕方や期間が変わってきます。ここでは代表的な目的をいくつか考えてみましょう。

1. 大学院レベルの専門教育を受ける

 大学院生には、より研究志向の留学を目指す人が多いでしょう。海外での優れた研究者や組織の中に入って、先端的な研究に触れることは、その後の進路に大きな影響を与える貴重な経験となるでしょう。

 留学の仕方として、本学での学位取得を目的とした交換留学、海外の大学院で学位を取得する大学院留学などが考えられます。

2. 学部レベルの教育を受ける

 学部生の中でも、海外で専攻分野を勉強し、帰国した際に単位認定を受けたいと考える人が多くいます。また、海外の大学院への進学を念頭において、その一段階前の準備として学部留学をする人もいるでしょう。

 このような目的には、交換留学が理想的な制度といえるでしょう。

3. 海外の大学や社会を体験する

 大学の勉強以外にも、海外での大学生活そのものや、その国の言葉・文化を経験することも大事な目的となるでしょう。海外での生活は、広い視野と複眼的な価値観を持って物を見ることを可能にします。

 渡航先の国にもよりますが、大学附属の語学学校に語学留学すれば、その大学の正規授業を聴講できる場合がありますので、希望する大学に問い合わせてみましょう。

4. その国の言葉を勉強する

 日本での学習に加えて、実際にその国でその言葉を使ってみる、あるいは授業を受けることも、海外留学の大事な目標でありえます。言葉の学習は単に字面を追うだけのものではないはずです。

 このような目的には、語学留学が適しているといえるでしょう。語学留学については、京都大学生協でも取り扱っています。

5. 海外で社会貢献をする

 海外で社会貢献をしたい、何か行動を起こしたいという気持ちも、留学の意義深い目標でありえます。有名なものでは、青年海外協力隊(JOCV)や国連ボランティア計画(UNV)などがあります。

 このような目的のためには、国際ボランティアが適しているでしょう。

6. 海外で職業体験をする

 職業研修として海外の企業や団体で一定期間働き、職業経験と海外の社会経験を積みたいと考える人もいます。このような目的のために、インターンシップ留学があります。

留学の種類

 海外留学は、京都大学の交換留学制度を利用する「交換留学」、春休みや夏休みを利用する「短期留学プログラム」、そして「私費留学」に大別されます。

交換留学

 休学せずに、京都大学の協定校に1学期以上、1年以内の期間、派遣先大学の授業料は不徴収で教育を受け、単位を取得または研究指導を受ける留学です。
多くの場合、実際の出発の1年以上前に学内募集に応募する必要がありますので、周到な準備が必要です。

短期留学プログラム

 春休みや夏休みを利用する、京都大学実施・推奨の3ヵ月未満の短期留学プログラムがあります。
単位を取得できる場合もありますが、留学先大学および京都大学の所属学部・研究科のシステムによるので、確認が必要です。

私費留学

 留学希望先機関に、直接または留学斡旋(あっせん)業者を通して、申込をして留学します。

語学留学

専門の語学学校や大学等の教育機関が実施するものなどがあり、期間は数週間から1年以上のものまであります。

大学院留学

海外の大学院で学位を取得する場合、学部生とは異なった十分な準備が必要です。また高い語学力やGPAも求められます。
学位を取得する目的で大学院留学を志望する京都大学学生は、JASSO海外留学支援制度(大学院学位取得型)に、京都大学を通じて応募することができます。所属学部・研究科の教務担当掛または国際教育交流課に問い合わせてください。

インターンシップ留学

海外の企業や団体で一定期間働き、職業経験と海外での社会経験を積む留学です。斡旋団体は、団体の実績や費用等を他団体と比較するなどして、十分な調査を行った上で決定してください。主に文系の学生のためのAIESEC(アイセック)、主に理系の学生のためのIAESTE(イアエステ)という学生支援団体があります。また、日欧産業協力センターによる、日本の理工系学生を対象とした1年間の奨学金付プログラム(ヴルカヌス・ イン・ヨーロッパ)などもあります。

国際ボランティア

 社会貢献などのための留学です。斡旋団体の主旨、歴史、実績などを十分に考慮して選びましょう。